【こだわりのない、大切な家】突然ですがあなたは”衝動買い派”ですか?

%e7%94%bb%e5%83%8f-1300

はじめまして、キタノです。会社員の夫、小5の長男、小3の長女、の4人家族です。

2009年の冬、北海道に家を建てました。

その頃、私の周りに突如訪れたマイホームラッシュ”。

この波に乗っかって建てたのが、【こだわりのない、大切な家】。

家づくりは誰にとっても特別なことで、わが家にとっては初めての体験でもあります。

何が正解で何が不正解なのか、右も左もわからないまま、今の家が完成しました。

前提として言えるのは”家を建てたことに後悔はありません”。

しかし、7年もたつと「2度目があるならこうしよう!」と、そんな思いはたくさんあります。

”人のふり見て我がふり直せ”ととよく言われますが、 これから家づくりを考えている方に「私の時には……」と参考にしていただけたら嬉しいです。

 

■順応力が高いもので(笑)“マイホームラッシュ”の波に簡単に流されました

%e7%94%bb%e5%83%8f-1576

わが家が家づくりを考え初めたのは、長男が3歳になるころ。

子供もママも同じ境遇の者同士が強く癒着……もとい、絆が深まる時期でもあります。

ママ友ファミリーが家を買おうものなら、その感染力はものすごく、競い合うように次々と家を購入し始めました。

なにが言いたいかと申しますと、”勢いで家を買ってしまった”ということです。

”しまった”と言うと、後悔しているかのようですが、家を買ったこと自体は後悔していません。

ですが、勢いが良すぎた部分については、ちょっと後悔が残ります。

毎月の住宅ローンが始まって、自由に使えるお金が減ってしまったことも事実ですが、あの頃に時間を巻き戻すことができたとしても、また同じように家を買うことでしょう。

 

■あなたは欲しいものがあったとき「衝動買い派」? それとも「じっくり考える派」?

%e7%94%bb%e5%83%8f-1588

私は断然、「衝動買い派」。

行動力があると言ってほしいところではありますが、漬物を漬けても浸かる前にすべて食べてしまう、そんな性格の持ち主です。

決断を急ぐ傾向があると思います。

私は今「日刊Sumai」を見ている方を、大変羨ましく感じています。

どういうことかと申しますと、わが家を買ったのは今から7年前。

スマホの普及もまだまだで、スキマ時間に情報を集められる環境も整わず、情報不足であったといえます。

パソコンはあったもののネット上の情報もまだまだ薄く、”百聞は一見に如かず”と住宅展示場やモデルハウスを見て歩きました。

”目で見たものしか信用しない!”と言えばかっこいいですが、非効率で正直くたびれました。

 

■家に何を求めますか? 「安らぎ」? 「癒し」? それとも…

%e7%94%bb%e5%83%8f-1566

まるで恋人に求めるような言葉ですが、まさにその通りだと感じています。

”居心地のいい家”と”伴侶といるときの居心地よさ”。

とても似ていると感じます。

「家との出会いは結婚のようなもの!」と、家を買うときの営業さんが、自信たっぷりに言い放っていたのを思い出します。

今になってその意味がよくわかります。

もしも気に入らない家を買ってしまうと、不満ばかりがつのることでしょう。

おそらく100%完璧な家を建てるのは、とても難しい事です。

お子様がいるご家庭はとくに、その成長とともに住みやすい家の形が変わってきます。しかも1年ごとに。

とはいえ、なるべく後悔はしたくない!

100%に近づけたい!誰もがそう願っています。

そのためには”リサーチ”が命です。

もっと家を建てた経験者の話や、失敗談に耳を傾けることが必要だったと感じます。

とはいえ家はリノベーションや増築などで、住みやすい家に近づけることも可能ですし、不安ばかりを抱いていたら、楽しい家づくりが台無しです。

将来の幸せを想像しながら、良い家づくりを楽しみましょう。

ところで夫はリノベ……可能でしょうか?