材料費わずか200円!インテリアにマッチするおしゃれな「万年カレンダー」を作ろう

 

今年も残すところ、あとわずかとなりました。

新しい年を迎えるにあたって、準備しておく必要のあるものがたくさんありますよね。

そのひとつが「カレンダー」。

このカレンダー、市販のものではなかなかオシャレなインテリアにマッチするものがないことや、どれも高額なものばかりなのが頭の痛いところ。

そこで今回は、オシャレなインテリアにピタリとマッチする「オリジナル万年カレンダー」の作り方をいくつかご紹介したいと思います。

どれも材料費は200円以内。

しかも万年カレンダーなので、半永久的に使うことができるというスグレモノ!

では早速、ご紹介していこうと思います。

 

■「100均マグネット」と「クリップボード」で作る、インダストリアルカレンダー

 

サビの効いたジャンクテイスト満載のインダストリアル系カレンダー。

こちらのカレンダーもDIYで作ったものですが、今回使った材料が以下のこちら。

B4サイズの「クリップッボード」と「強力マグネット」の2点です。

どちらも100円ショップで購入したものなので、材料費はわずか200円で作ることができます。

 

そのうえ作り方はいたって簡単!

クリップボードに付いているバインダーの留め金をニッパーで取り外し、ボードの表面に「マグネットペイント」という塗料をムラ無く塗ります。

この「マグネットペイント」というものは、塗ればそこに磁石がひっつくという驚きの商品で、塗ったところがまるで鉄板のようになるという画期的な塗料です。

このマグネットペイントを使うことによって、木製のクリップボードに磁石をひっつけることが可能になります。

 

マグネットペイントは、塗った上からさらに塗装を施しても磁石を引きつける効果は損なわれないので、好みの風合いになるよう好きな色で重ね塗りしていきます。

 

塗料が完全に乾いたら、転写シールなどを使って曜日を入れていきます。

文字をところどころカッターで削ると、よりアンティークな雰囲気が出ます。

 

マグネットも同様に、好みの塗料を使ってペイントし、スタンプなどで日付を入れれば完成!

アンティークなインテリアにぴったりの、インダストリアル系カレンダーができました!

 

■「ディッシュスタンド」と「ナット」を使ったアイデアカレンダー

一風変わったこちらの縦型立体カレンダー。

カレンダーといったら、普通は壁に貼る「紙」で作られたものを想像すると思いますが、これは縦置きで、しかも立体的という、市販ではまず手に入らないユニークなカレンダーです。

 

もちろん、こちらもDIYで作ったものですが、使った材料はこちらの異色コンビ!

ホームセンターに売っている「ナット」と「ワッシャー」、それに100円ショップで売っている「ディッシュスタンド」という商品の組み合わせです。

本来「お皿立て」として使うディッシュスタンドをカレンダーの支柱として利用し、その支柱にナットとワッシャーを交互に入れていくイメージです。

 

作り方はとっても簡単!

ディッシュスタンドとナットを好きな色でペイントし、ナットには日付を、スタンドには曜日を転写シールなどで入れるだけで完成。

なんと、「ペイントするだけ」で作れるという驚きのアイデアカレンダーができました!

 

■「ペイントするだけ」で作れるシンプル&スタイリッシュなカレンダー

「ペイントするだけ」で作ることができる、シンプルでスタイリッシュなカレンダーをもう1つ作ってみましょう。

使った材料はこちらの商品。

これも100円ショップで売っている「カードスタンド」という商品です。

このカードスタンドは、素材が透明アクリルでできているため、その「透明」という点を利用してカレンダーを作ります。

 

カードスタンドにマスキングテープを使って囲いを作り、カレンダーとなる部分をあらかじめ養生しておきます。

しっかりと養生したら、カードスタンド表面をゴールドでペイントします。

今回使った塗料は「アイアンペイント ライトゴールド」というものですが、こちらの塗料は塗るだけで表面がザラザラとした鉄や金属のような質感に仕上がるというユニークな塗料です。

これを塗ることによって、アクリル製のカードスタンドが、古びた真鍮製のようなアンティークな仕上がりになります。

塗った塗料が完全に乾いたら、最初に貼ったマスキングテープを丁寧に剥がします。

その後、カードスタンドの中に市販のデスクトップカレンダーなどを差し込めば完成。

 

ワークスペースがクールに決まる、スタイリッシュなカレンダーができました!

 

いかがでしたか?

今回はDIYで作るオリジナルカレンダーを3点ご紹介しましたが、どれもカンタンに作れて材料費も200円以内。

そのうえ半永久的に使える万年カレンダーなので、実用性も満点です!

市販ではなかなか手に入らないものや、好みのものが見つからないのであれば、「買う」のではなく「作る」というのもインテリアの楽しみ方のひとつ。

皆さんもぜひ、チャレンジしてみて下さい!