「カラボ」と「突っ張り棒」だけで作れちゃう!服やオモチャをまとめて収納できる、ペット用ミニクローゼット

 K.INABA / PIXTA(ピクスタ)

K.INABA / PIXTA

今は人と同じようにペットも服を着たり、オモチャを持つ時代です。

でも、人が使うためのクローゼットはあっても、ペット用のクローゼットがあるお宅は少ないと思います。

これではペットの服やオモチャが散乱するばかり……。

それなら、いっそのことペット用のクローゼットをDIYしてみませんか?

 

■材料はカラーボックスと突っ張り棒だけ!ディテールは用途に合わせてカスタマイズを

材料はカラーボックスと突っ張り棒だけ。

まずは、カラーボックスを縦置きにして、上の段に突っ張り棒を取り付けます。

これで服を吊るすためのバーができあがりました。

もちろん、ハンガーがあれば突っ張り棒にハンガーをひっかけて収納できるのですが、なければこのようにハンガークリップやS字フックで引っ掛けるのもアリです!

引き出しになるボックスなどをプラスすれば、もうこれだけで立派なクローゼットの完成です。

カラーボックスのサイドに粘着タイプのフックを取り付て、ペット用のバッグを掛けておくのもオススメです。

 

■ペット用クローゼットは、どこに置くのがオススメ?

ABC / PIXTA(ピクスタ)

ABC / PIXTA

ペット用のクローゼットを作ったら、次は置き場所を決めましょう。

筆者のオススメは、玄関かリビングです。

bobco / PIXTA(ピクスタ)

bobco / PIXTA

玄関に置くメリットとしては、

  • 散歩用の服から部屋着に着替えさせやすい(玄関なら、家の中を汚すことなく着替えさせられます)
  • リードや簡易水飲みなどの散歩グッズを一箇所にまとめておける

リビングに置くメリットとしては、

  • 服の管理をしやすい
  • 散らかりやすいオモチャやおやつ、ペットフードなどを一箇所にまとめて片付けられる

といった点が挙げられます。

もしスペース的に余裕があるなら、両方に置いておくとより便利です。

 

■ペットとの暮らしをより快適にするために…

 bobco / PIXTA(ピクスタ)

bobco / PIXTA

ペットと暮らす上で重視するポイントを見極め、クローゼットの置き場所にもこだわってみてはいかがでしょうか。

これならペットグッズを床にポイッとしたままになってしまう……、というだらしのない事態からも抜け出せそうです。

意外に簡単にできるので、大切なペットのために、ぜひ作ってみてはいかがでしょうか。