マキタ最新コードレス掃除機は「最上位機種」よりすごい!? 1年使ったからこそ分かるオススメ理由とは

 

使いたいときにサッと手に取れる、コードがないから扱いやすい、本体が軽い……など、メリット満載の「コードレス掃除機」。

最近は多くのメーカーが取り扱っていますが、片づけのプロ「ライフオーガナイザー」の間で特に人気が高いのは「マキタ」のコードレス掃除機です。

筆者が選んだマキタ

筆者が悩みに悩んで選んだマキタは「CL182FDRFW」です

なかでも注目したいのが、2016年9月に新発売された「充電式クリーナCL107FDSHW」。

遅ればせながら2016年1月に、マキタの「CL182FDRFW」を購入した筆者。

もしも「今」買うとしたら、間違いなくこの最新モデルを選んでいたはず。その理由とは……?

最上位機種「CL182FDRFW」を1年間使ってきた筆者だからこそわかる、「CL107FDSHW」の魅力をご紹介します。

 

■選択肢が多すぎる!?「マキタの充電式クリーナ」の選び方

去年1年間、マキタを使ってみた筆者の感想は「2016年、買ってよかった家電ベスト1」と断言できるほどイイ!です。

……と、性能面では満足しているものの、実は購入時、大きな壁にぶつかりました。選択肢が多すぎるのです。

2016年のマキタのカタログを見たところ、20種類近いバリエーションがありました。

ひとによって選択のステップはさまざまですが、筆者は次のようなポイントをチェックしながら候補を絞り込みました。

  1. バッテリのタイプを選ぶ(外付け式or内蔵式)
  2. 集塵方法を選ぶ(紙パック式 or カプセル式)
  3. スイッチのタイプを選ぶ(ワンタッチ式orトリガ式)
  4. パワーを選ぶ(7.2V、10.8V、14.4V、18V)
  5. 色を選ぶ(オフホワイト、ホワイト、ほか)
筆者が選んだマキタは

「抗菌紙パック」は10枚入り、600円。ランニングコストはかかりますが、メンテナンスは簡単です

充電池の買い替えができるバッテリ外付け式、メンテナンスが簡単な紙パック式、ON/OFFの切り替えで連続運転できるワンタッチスイッチ、ホワイトの18V。

ということで選んだのが「CL182FDRFW」です。

 

■エントリー機種 vs. 上位機種。譲れなかったポイントは?

実は最後まで、もうひとつ、別のモデルも候補に上がっていました。エントリー機種「CL102DW」です。

「CL102DW」を○、「CL182FDRFW」を●として比較してみると:

  1. バッテリのタイプ(○●外付け式or内蔵式)
  2. 集塵方法(○●紙パック式 or カプセル式)
  3. スイッチのタイプ(○●ワンタッチ式orトリガ式)
  4. パワー(7.2V、○10.8V、14.4V、●18V)
  5. 色(○オフホワイト、●ホワイト、ほか)

大きく異なる点は、パワーと色、そして価格(定価は「CL102DW」が19,500円、「CL182FDRFW」が37,600円)です。

筆者宅は全室フローリング、かつ59平米とコンパクトなので、パワーは「CL102DW」の10.8Vでも十分。

1回50分の充電で、「強」モードなら13分、「標準」モードなら21分、連続使用できます(「CL182FDRFW」は22分の充電で、「強」20分、「標準」40分)。

パワーが抑えられる分、本体が軽く(「CL102DW」が1.0キロ、「CL182FDRFW」が1.5キロ)、充電池・充電器のサイズも小さくなるため、扱いがより手軽になるというメリットも。

主婦的には、価格がリーズナブルなのもうれしいポイントです。

なのに、なぜ「CL182FDRFW」を選んだかというと……。

筆者が選んだマキタは

「CL182FDRFW」の横顔。「ホワイト」のボディに、ロゴや充電池部分は「ブラック」

「色」。ただそれだけです。

単なる好みの問題ですが、「オフホワイト」ではなく「ホワイト」という点が譲れず、筆者宅には十分すぎるほどハイスペックなモデルを選んだ(選ぶしかなかった?)というわけなのです。

 

■人気2モデルの”いいとこどり”した最新モデルが登場!

ネット上のランキングサイトなどで、もっとも人気が高いマキタのコードレス掃除機といえば、最近までずっとこの2モデル、「CL102DW」「CL182FDRFW」だったように思います。

そんななか、9月に新発売されたのが「充電式クリーナCL107FDSHW」。

「CL107FDSHW」を◎、「CL182FDRFW」を●として比較してみると:

  1. バッテリのタイプ(◎●外付け式or内蔵式)
  2. 集塵方法(◎●紙パック式 or カプセル式)
  3. スイッチのタイプ(◎●ワンタッチ式orトリガ式)
  4. パワー(7.2V、◎10.8V、14.4V、●18V)
  5. 色(オフホワイト、◎●ホワイト、ほか)

と、スペック面で大きく異なるのはパワーだけ。

……ですが、ここで筆者が注目したいのは「色」です。

マキタで「ホワイト」の選択肢があるのは、これまで14.4V以上の上位機種のみでした。

ところが、「CL107FDSHW」の本体カラーは「オフホワイト」ではなく「ホワイト」!

しかも上位機種と違ってハンドル部分までまっ白!

「家電はホワイト派」には、うれしすぎる仕様です。

筆者が選んだマキタは

「CL182FDRFW」のハンドル部分は、このとおり「ブラック」です

「CL107FDSHW」のパワーは10.8Vといっても、1回22分という上位機種並みの急速充電で、「強」モードなら12分、「標準」モードなら25分、連続で使用できます。

しかも、新たに「パワフル」モードを搭載。より強力な吸引力で10分間の連続使用が可能です。

「CL182FDRFW」よりパワーが小さい分、重さは1.1キロと軽量。定価も20,000円と、かなり抑えられています。

つまり、筆者の独断と偏見でいうと、人気モデル「CL102DW」と「CL182FDRFW」の“いいとこどり”したのが、最新モデル「CL107FDSHW」というわけなのです。

筆者が選んだマキタは

ヘッドには「ブラシ」が付いていないため、ゴミが絡まず、お手入れがラク!

ここまで、マキタについて暑苦しく語ってしまいましたが、どのモデルを使っているとしても、筆者の周りで「マキタあかん!」と言っている人を見たことがありません。

それだけ、どの機種も総合点が高いということだと思います。

 

もちろん、コードレス掃除機はマキタだけではありません!

購入予定のある方は、ご自身の「こだわりポイント」を意識して、最適な一台を見つけてくださいね。

※スペックは「マキタ総合カタログ2016-10」を参照しています。改変される可能性がありますので、商品の購入時は、最新の情報を調べてみてくださいね。

 

(ライター:ライフオーガナイザー/クローゼットオーガナイザー さいとう きい)

【参考】

マキタ総合カタログ2016-10|株式会社マキタ

株式会社マキタ