最近の「扇風機」ってどうしてこんなに高いの?プロが教える、そのワケ

IMG_4786

ここ数年、2万円を越えるような高価な扇風機が人気となっていますよね。

風を送るだけなのに、2万オーバーって高くない?

もうちょっと扇風機って安いかと思ってた!

どうして最近こんな高価な扇風機が人気なのでしょうか?

高い扇風機には理由があります。単に風が出るだけでなく、デザイン、風の質、静音性など、こだわりが詰まっています。

今回は一度使うとやみつきになる、おすすめの扇風機をご紹介します。

 

■モーターは電気代が安く音が静かな「DCモーター」が断然おすすめ!

扇風機に使われているモーターにはAC(交流)モーターとDC(直流)モーターの2種類ありますが、高級扇風機ではほとんどの製品がDCモーターを採用しています。

DCモーターの利点は、消費電力がACモーターと比べて低く、風量を抑えた、ごく弱い風を送ることができることです。就寝時などに弱い風を送りたいときにぴったりです。

また、音もとても静かなので、リビングに置いていても会話やテレビの音などを遮ることはなく、気になりません。

DCモーターはモーター自体が高価なため、扇風機も高くなりますが、それだけの価値があります。家電量販店や商品の紹介ページには必ずモーターの種類は記載してあるので、購入の際はチェックしてくださいね。

 

■デザインも、風の質にもこだわったおすすめの扇風機

デザインも風の質も申し分なしの扇風機といえば、バルミューダやダイソンの製品です。

大人気バルミューダ「Green Fan」

大人気バルミューダ「GreenFan」

どちらも実際に試しましたが、直接肌に風が当たっている感じはなく、部屋にそよ風が吹き抜けたような心地良い風を楽しむことができます。小さなお子さんがいても安心ですよ。

日本メーカーの扇風機は、首振り機能を細かく設定できたり、充電してコードレスで使用したり、タイマー機能も充実しています。

機能性で選ぶならシャープや日立、パナソニックなどの高級扇風機もおすすめです。特にシャープの扇風機は、上下・左右に首を振る3Dターン機能や、部屋が高温/高湿の状態になると水分補給やエアコン使用を促す「みはり機能」などもあって人気です。

 

扇風機はサーキュレーターの代わりにもなるので、冬も出しっぱなしにして使えます。一年中使うものですから、ちょっと高くても後悔をしないように選びたいものです。

じっくりと実物を見て、家電量販店では少し離れた場所に立って風を体感するようにしましょうね。