そのやり方は間違ってる!? 知らないと損する「車のお掃除・お手入れ」ポイント5つ

 

pixelcat / PIXTA

皆さんは車のお掃除やお手入れ、どのようにしていますか?

洗車に行けばボディの外側はある程度はキレイになりますが、問題は車の中やホイール等、車体以外の箇所です。

ちょっとしたコツを知っておくと、車をより良い状態で保つことができます。

女性でも簡単にできる車のお手入れのコツを5つ、ご紹介します。

 

■ポイント1:「ダッシュボード」の汚れは、固くしぼったふきんでホコリや汚れを取るだけでもOK

ダッシュボードなどはクリーナーを使うとピカピカになりますが、固くしぼったふきんでホコリや汚れを取るだけでも十分です。

クリーナーを使うとボードのコーティングが一緒に取れてしまうこともあり、かえって時間がたつと汚く見えてしまうケースもあるのです。

見てください。

クリーナーを使ずにふきんで拭いただけでも、こんなにキレイになりますよ!

 

■ポイント2:「シート」に食べ物をこぼした時は、できるだけ汚れを取り除き、濡れた布等をあてがっておく

Satoshi KOHNO / PIXTA

お子さんが後ろからシートを蹴ったり、食べ物や飲み物をこぼしたりと、どんなに車内をキレイに保とうとしても、なかなか難しいこともあります。

シートに食べ物をこぼしてしまったら、食べ物が乾いてしまうともっと取りにくくなってしまいます。

なるべくシートに広がらないようにこぼした食べ物を取れるだけ取り除き、こぼした部分は濡れた布などをあてがっておきましょう。

家に着いたら泡状のクリーナー等で汚れを包み込んで、しばらく置いてからふき取れば、臭いも一緒に取れますよ。

 

ポイント3:意外に見落としがち!「タイヤのホイール」も意外に汚れている

洗車に持って行けば車体はキレイになるけど、意外に見落としがちな部分は「タイヤのホイール」。

週末など時間のある時に、ホースを使ってキレイに汚れをとっておきたい箇所です。

強いプレッシャーで水をかけると、汚れがドンドン出てきます。

汚れが出切ったら、キレイになった証拠です。

ホイルに汚れがたまってしまうと、ブレーキをかけた時にキーッという金属音がしたり故障の原因になってしまうこともあるので、常にキレイにしておきましょう!

 

■ポイント4:こすられてついてしまった「他の車のペイント」は、カーワックスを使って拭いてみて!

LovePHY / PIXTA

他の車にこすられてしまって、その車のペイントが車体についてしまった時は、その箇所をキレイに洗った後で、カーワックスを使って念入りに拭くと落ちることが多いです。

もしそのようなペイント汚れを見つけた時はあきらめずに、ぜひワックスを使ってみてください。

 

■ポイント5:車の匂いは「足マット」が原因かも!? ベーキングソーダ(重曹)を活用してみて!

scabetty / PIXTA

車内の独特な臭いが気になる時は、「足マット」をお掃除してみましょう。

やり方は、こちらもとても簡単。

バタバタと叩いてホコリをとった後で、ベーキングソーダ(重曹)を足マット全体にかけて一晩おき、その後で掃除機でキレイに吸い取ってみてください。

 

いかがでしたか。

家の中と比べて、つい手を抜きがちな車のお掃除。

これらは1ヶ月に一度程度、やってみてはいかがでしょうか。