あるブログがきっかけ。実は「整理収納アドバイザー」の資格、持ってます!【ネットで見つけた、私らしい暮らし】

アパレルでディスプレイ担当(ウィンドウや店内の装飾)をしているeiriyです。

2年前に都内で築45年超のヴィンテージマンションを購入し、現在は夫・娘(1歳)と3人で暮らしています。

中途半端にリフォームされていない、いわゆる現況物件を購入し、フルリノベーションしました。

この連載では、自宅のリノベーションについてご紹介していきます。

今回のテーマは「整理収納アドバイザーの資格取得」です。

 

※ 【ネットで見つけた、私らしい暮らし】今までのシリーズを見てみる

 

■そもそも「整理収納アドバイザー」ってどんな資格?

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-09-15-12-37-10

我が家の調味料棚

ここ数年「断捨離」「整理収納術」「スッキリ暮らす」などのフレーズをよく耳にするようになりましたよね。

この言葉を使っている方々は、「整理収納アドバイザー」という資格を持っていることが多いようです。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2015-11-20-15-45-35

我が家のクローゼット

この整理収納アドバイザーという資格は、ハウスキーピング協会という団体が認定しているもの。

整理収納の技術を身につけ、理想とする環境の実現を目指しています。

1〜3級まで取得が可能で、私は結婚2年目に2級、3年目に1級を取得してきました。

 

■資格を取るきっかけに!整理収納コンサルタント・本多さおりさんのブログ

資格取得のきっかけは、結婚によって荷物が2人分に増えたことで、キッチン周りや消耗品のストックなどをきちんと片付けたいなと思ったことでした。

実際の荷物の量は、見た目よりもずっと多いもので、2人ともそんなに物持ちではないのですが、引っ越しの準備をしたところ、段ボールの数の多さにびっくりしました。

そこで、片付けのアイデアを探るため「インテリア」や「キッチン収納」などのキーワードをネットで検索してみたのですが、「整理収納コンサルタント」の本多さおりさんのブログに行き着きました。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-12-27-11-33-50

本多さんの著書

整理収納の分野ではとても有名な方で、すでに当時(4年前くらい)も整理収納の出張サービスは予約が取れないほどの人気でした。

ブログの内容はとても分かりやすく、住んでいる家も社宅だったりとなんだか親近感を感じるお宅でした。

そしてブログを読み進むうちに、本多さんが「整理収納アドバイザー」であるということで、初めてその資格のことを知りました。

思い立ったが吉日、さっそく資格について調べ、先ほどのハウスキーピング協会のウェブサイトに行き着き、整理収納アドバイザー2級認定講座を即効で申し込んだのでした。

認定講座を受講する前に、試しに家の戸棚の中のものを全部出して、見よう見まねで整理収納実践してみたのですが、なんと気分がいいこと!

整理収納するだけでこんなにもスッキリするとは驚きでしたし、その後は家で過ごすのが楽しくなりました。

私、整理収納にハマっちゃったみたいです!(笑)

%e5%86%99%e7%9c%9f-2013-12-18-16-54-11

結婚当時住んでいた家の戸棚

%e5%86%99%e7%9c%9f-2013-12-18-16-54-25

書類や取扱説明書などもここに収納

整理収納アドバイザー2級認定講座に参加すると、20名ほどの方が受講者がいてほとんどが女性(主婦の割合が多い)でした。

まだテレビや雑誌でも現在ほど収納術が紹介されていなかった時期ですが、巷ではちょうど人気が出始めていたようです。

私は「これからこの資格がきっと生きるはず!」と確信しました。

ちなみに整理収納アドバイザー2級は、講座を1日受講するだけで取得が可能です。

 

■筆記テストが難しかった!整理収納アドバイザー1級取得までの流れは?

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-12-27-11-42-04

整理収納アドバイザー1級を目指すには整理収納アドバイザー2級保持が必要。

そして整理収納アドバイザー1級取得までの流れは以下のとおりです。

(1)整理収納アドバイザー1級予備講座受講(2日間)

整理収納アドバイザー2級の認定証が届き次第、予備講座を申し込めます。

私が申し込んだところ、すでにキャンセル待ち状態。

しかも平日仕事をしていたので、土日しか参加できませんでしたが、土日の講座は少なく激戦でした(汗)。

 

(2)1次試験 筆記テスト

1次試験の筆記テストは侮るなかれ、なかなかに難しいです。

言葉の微妙な違いなどが出題されるので、どれだけの詳細な情報を記憶しているかが勝負。

実は私、1度目はあまり勉強せず受験、見事に不合格(涙)。

そこで、2度目は気合い入れて、テキストをかなり暗記し受験。

そして見事合格!やったー!

 

(3)2次試験 プレゼンテーション

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-12-27-11-38-36

実際にプレゼンした時の資料

整理収納の実例(自宅以外)をまとめて、5人ほどの受講者の前で発表します。

すでに友人のお宅を何軒か整理収納させてもらったことがあったのですが、その1軒のお宅を試験用にまとめてプレゼンしました。

プレゼンは当時勤めていた会社でも何度かやったことがあったので自信があり、合格を確信して帰りました(笑)。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2014-04-26-20-06-56

友人宅のテレビキャビネットの整理収納事例

%e5%86%99%e7%9c%9f-2014-04-26-18-08-05

引き出しの細かい文具類も仕切りを付けて収納

ちなみに、土日の講座を受講していたので、1級取得までには約1年ほど時間を要しました。

平日受験ができる方はもう少し短縮できるようです。

 

■整理収納アドバイザーの資格とリノベの経験を生かした情報発信を!

現在の我が家のキッチン

現在の我が家のキッチン/photo koji yamada

取得後、おかげさまで様々なお宅にてアドバイスをさせていただきました。

どんなに素敵な家に住んでいても、物がたくさんありすぎたり、ごちゃごちゃしていれば暮らしにくいもの。

整理収納が完璧でもインテリアに統一感がなければオシャレには見えません。

狭くても、整理収納をすれば必ずスペースを生み出すことができ、暮らしにゆとりが生まれます。

これらは、私がこれまでに実感してきたことです。

今後は、整理収納術に加えて、リノベの経験を生かし「リノベーション術」「インテリア術」「狭くても上手く暮らすコツ」などについて私なりに情報発信をしていければいいなと思っています。

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

【参考】

※ ハウスキービング協会