システムバスは「TOTOサザナ」に決めた!その決め手は…?【丁寧な暮らしを楽しむ木の家つくり】

20170119-aip26

こんにちは。ただいま家づくり真っ最中、群馬県在住のaipooowです。

1歳と3歳の姉妹を子育て中です。

30歳を過ぎ、これからの生活や暮らし方を考える機会が増えていく中で、「シンプルに、丁寧に、暮らしを楽しみたい」という思いとともに始まった木の家づくり。

工事中の木の家は、壁面に断熱材が入れられ、配線工事も終わり、間仕切りがされ、内装も少しずつ形が見えてきました。

7回目の今回は、システムバスに「TOTO」のサザナを選んだ決め手をご紹介します。

 

※  【丁寧な暮らしを楽しむ木の家つくり】 今までのシリーズを見てみる

 

■まずはショールーム巡り!上を見ればキリがない!! 夢を見かけたけれど…

IYO / PIXTA

システムバスを選ぶにあたり、知識はまったくといってありませんでしたので、とりあえずショールームへ!

いくつかのショールーム巡りをして驚いたのは、まるでサウナ!だったり、まるでエステ!のようなゴージャスな商品がたくさんあったことです。

こんなお風呂に毎日入れたら……とついつい夢を見かけてしまいましたが、我が家はそんな贅沢はできません!

 

■商品をたくさん見たことで、我が家が求める浴室のイメージが見えてきた!

豪華なシステムバスからノーマルなシステムバスまで、様々な商品を見ているうちに、筆者自身がどんな浴室を求めているのかが段々と分かってきました。

我が家がいちばん優先したいのは、掃除のしやすさとリラックスできる居心地の良さ。

いくつもの商品を見たなかで、TOTOのサザナが一番シンプルで分かりやすかった!というのが率直な感想です。

そして、標準的な仕様でも我が家の希望を充分満たしてくれそう、と感じたのです。

 

■魅力はひんやりしない ”床”と掃除のしやすさ

一番の魅力は、やはりサザナの一番の特徴である”ほっカラリ床” です。

クッション性のある床で、滑りにくく、ひんやりしないということ。

実際にショールームで ”ほっカラリ床” を体験しましたが、従来の商品と比べて本当に柔らかく、ひんやりもせず、優しい肌触りでした。

Graphs / PIXTA

そして床も浴槽もカウンターも、掃除のしやすさはピカイチ。

特にカウンターは取り付け位置や裏側の水垢などが気になりますが、壁からも浴槽からも離れているので、スポンジをクルリと一周してお掃除できるようなデザインになっています。

 

■我が家に「サザナ」が取り付けられました!

20170119-aip27

お風呂にとりわけこだわりはなかったものの、様々な商品を見ていくうちに理想とするイメージができました。

そしてこんな機能は必要ないけれど、あんな機能はあったらうれしい!という発見もありました。

システムバス選びの際には、まずはショールームへ行って、見て聞いて触ってみるのが一番良い手段であると思います。

そして、このタイミングでちょうど取り付け工事をしていただきました。

まだ養生がされた状態ですが、期待通りの清潔感あるシンプルさで、”ほっカラリ床” を体験する日々が待ち遠しいです。