夏にピッタリ!手作り海アートで「西海岸スタイル」を楽しもう

Travel and vacation photo frame and items

インテリアのポイントとして人気の「フレーム」。

皆さんはフレームの中にどんな作品を入れていますか?

どのシーズンも同じ作品……なんて、もったいない! 真夏の今は、ビーチを感じるアートを飾って、“西海岸スタイル”気分を出してみてはいかがでしょう?

 

■自分だけの「オリジナル作品」を制作してみよう

“西海岸スタイル”といえば、海や、サーフィン。

市販のポスターやポストカードもいいけど、せっかくなら、世界にたった1つだけの“オリジナル”で壁を飾ってみませんか?

オリジナル

鎌倉・由比ヶ浜へ行って、満足のいくまでビーチの景色を手持ちのデジカメで撮影したこの作品。街の写真屋さんでプリントをお願いしたもの。

フレームがあまりにも安物だと“手作り感”が気になる……そう感じた筆者は、こなれ感のあるシャビーなタイプで、5,000円~10,000円前後ものをチョイス。

チェスト上

右は「Ron Herman」で買ったフレームに、雑誌の切り抜き(波のアートのページ)を入れています。

お気に入りの雑誌の中からお気に入りのページを見つけるだけでも、お手製気分がちょっぴり味わえますよ。

オリジナル作品といっても、上記のような方法なら本当に気軽にできますのでお試しを!

 

■サーフアート専門のギャラリーでお気に入りを見つけてみる!

せっかくなら本格的なものを飾りたいという方には、「GREENROOM GALLERY」を推薦します。

筆者は鎌倉店(江ノ島電鉄・長谷駅が最寄り)でお気に入りを見つけました。

アート

左は、カリフォルニアからハワイに移り住んだサーフガールでありアーティスト、「ヘザー・ブラウン」の作品。

力強くも繊細なタッチに惹かれました。10,000円以内の作品が多く、手に取りやすいのも魅力です。

右は、カリフォルニア生まれ、ハワイ育ちの「クラーク・リトル」の作品。波乗りしたりしてハードな場所でも撮影するため、ワイルドで躍動感があり目を引きます。

アルミニウムにプリントされているので軽量で丈夫ですし、フレームを買う必要がありません。価格は20,000円前後からです。

そのまま飾れるのがユニークですし、お手入れは乾拭きでも水拭きでもOK!

今回ご紹介した両作品のサイズは、約20㎝×30㎝です。

お値段もサイズもお手頃なので、サーフアートの導入にぴったり。

この夏は、ぜひ、ビーチを感じるアートを取り入れて、インテリアを一新してみてくださいね。

 

【参考】

GREENROOM GALLERY