【こだわりのない、大切な家】 行きはよいよい、帰りはこわい…。あなたの知らない「住宅展示場」の世界へようこそ!

 

2009年の冬、北海道に家を建てたキタノです。

会社員の夫、小5の長男、小3の長女、の4人家族です。

その頃、私の周りに突如訪れたマイホームラッシュ”。

この波に乗っかって建てたのが、【こだわりのない、大切な家】。

家づくりは誰にとっても特別なことで、わが家にとっては初めての体験でもあります。

何が正解で何が不正解なのか、右も左もわからないまま、今の家が完成しました。

前提として言えるのは”家を建てたことに後悔はありません”。

しかし、7年もたつと「2度目があるなら、こうしよう!」と、そんな思いはたくさんあります。

”人のふり見て我がふり直せ”とよく言われますが、 これから家づくりを考えている方に「私の時には……」と参考にしていただけたら嬉しいです。

今回は、「住宅展示場」についてのお話をしたいと思います。

kou / PIXTA

 

※ 【こだわりのない、大切な家】 前回の記事を読む

 

■通りゃんせ、通りゃんせ…「未知の世界」に足を踏み入れてしまった家族の話

あなたは「住宅展示場」へ足を運んだことはありますか?

その広い敷地内には、いくつものハウスメーカーのモデルハウスが存在しています。

「いろんな住宅メーカーを見比べることができて効率的じゃない! まるでデパートのような所でしょう?」。

このように思ったそこのあなた……、甘い、甘すぎる!

考えてもみてください。

そこに集まるハウスメーカーは、お互いライバル同士。

こぞって自社の商品をアピールするプロフェッショナル集団の「戦いの場所」。

今日も己の”最高のパフォーマンス”を魅せようと、獲物……いや、お客さんを待ち受ける。

まさに戦場なのです!!

Ushico / PIXTA

そんな神聖なフィールドへ、のんきに時間つぶしがてら、おでかけした筆者ファミリー。

「家、欲しいよね~」「うん、欲しいね~」

ポカポカ陽気のある晴れた日、小さな子どもを抱えたカモ(筆者)たちは、

  • いつかは家が欲しい
  • 時期がきたら家が欲しい
  • そのうち家が欲しい

そんな無計画極まりない考えのもと、聖なる土地へ足を踏み入れてしまったのでした……。

 

■住宅展示場は誘惑の玉手箱、ブレない信念をもって挑むべし!

hide / PIXTA

「未知なる世界」で目にしたのは ”選ばれし者たち” だけが住むことを許される、そんなイメージの洗練された街並みでした。

床面積が70坪ほどはありそうな大豪邸が立ち並びます。

自社のPRポイントがデカデカと書かれたのぼりをかかげた豪邸たちが、「わたしを見て!」と、筆者たちを誘い込みます。

「こんなデカい家、買えないし!」

そうボヤきながら先へ進むと、そこには筆者たちの行く手を阻む”いくつものトラップ”が仕掛けられていたのでした。

bee / PIXTA

「あっ、アンパンマ~ン!」「ミニカーもあるよ!ママ~」

住宅の前にはイベント用なのか、パイプテントが設置されていました。

長テーブルには3歳の息子が大好物のミニカーが山積みに。

しかもバックには有識者でもついているのか!?

子どもに人気の車種がズラリとラインナップされているではありませんか。

「おぬし、なかなかやるな……」とはさすがに言いませんが、幼児を持つファミリーが多数来場することを想定した戦略。

そこへ爽やかすぎるイケメン営業マンAが登場しました。

夏祭りだと一つ500円はしそうなアンパンマンのアルミ風船を1歳の娘に手渡します。

「どーもぉー」。

言葉を覚えたての娘がわずかに知っている単語を発し、嬉しそうに風船を受け取ります。

娘はアンパンマンが気に入ったのか、営業マンが気に入ったのか、なかなかその場を離れません。

kou / PIXTA

かたわらでは、物欲しげにトミカミニカーを見つめる息子から微弱の電波が……。

その電波をすばやくキャッチした敏腕営業マンB。数あるミニカーの中から息子好みの逸品を差し出します。

どこかで息子の情報が漏れてるのかしら……。

そんなやりとりがあった後、日が一番高いところへ上るタイミングを見計らってか、敏腕営業マンが切り出します。

「暑いですね。お時間ありましたら、室内をご案内いたしますが、いかがですか?」

確かに暑いな……。

そういえば、今日は30度を超えるって天気予報で言ってたっけ……。

道民には耐えがたいほどの熱い一日でした。

「ちょっとだけ見てみようかな?」

談笑しながらいつの間にか営業さんと打ち解けている夫。

「ふふふ……私たちの負けね……」とも言いませんでしたが、すでに相手の手中にある筆者ファミリー。

導かれるままに豪邸の中へ。

kou / PIXTA

北海道の住宅では珍しいとされる”エアコン”が効いた室内で、汗ばんだ体から汗が引いていくのを感じます。

「エアコンは……、必要かしらね……」。

家探しは自分たちにとっても「戦い」です!

 

次回は「立ちはだかる営業さんの誘惑に、太刀打ちできるのか!?」のような事を書きたいと思います。(笑)