これって運命かも!? 物件との出会い 【低コスト・低リスクへの挑戦】no.7

浅草駅から徒歩9分という便利な立地にある現在の住まい。 photo kazashito nakamura

(前回までのあらすじ)

住まいのプロとして私が常々感じていたこと。

それは、多くの住まいが「価格が高く、リスクがあり、似たようなものばかり」だということです。

“住まいのコンサルタント”である筆者が、これまで培った知識と経験を総動員させ、「低価格、低リスク、自分らしい住まい」を自ら作ったら、どうなるのか?

「住宅購入のリスク」をいかに削れるかという、試行錯誤の住まい探しの日々が始まりました。

“買えるお客さん”になるために、「銀行とのローン交渉を物件探し前に行う」ことにチャレンジし、無事、大手銀行から有利な条件で融資を取り付けることに成功。

いよいよ物件探しが始まりました。

 

※ 【低リスク・低コストへの挑戦】 今までのシリーズを見てみる

 

■物件探しは条件設定と現地確認が重要

物件探しの方法は no.3 でも書きましたが、

厳しい条件に設定したので、その条件に合う物件は多くありませんでした。

それでも2、3週間に1軒程度の物件が見つかりました。

物件はすべて、現地に見に行きました。

Graphs / PIXTA

そして感じたことは、物件概要やチラシで描くイメージと実際に見ての実感とでは、大きな開きがあることです。

購入に向けた検討を始める前に、まずはフットワーク軽く、物件を見に行く。

結局、それが一番効率的で、間違いがない順番だと感じました。

そう考えると、物件探しで設定する条件が、重要になってきます。

設定がユルいと、該当する物件がたくさん出てきてしまい、見に行くことで手一杯になってしまいます。

質の良い物件調査を行うコツは、物件の条件設定をしっかりすることに尽きると思います。

 

築45年で建坪5.5坪。「浅草駅」徒歩9分の小ビルとの出会い

gandhi / PIXTA

私の話に戻ります。

物件探しを続ける中、浅草の浅草寺裏に建つ一棟ビルに出会いました。

広告掲載時期を見ると、販売開始から1年以上も買い手が見つかっていない物件だと分かりました。

売一棟ビル
2550万
東京メトロ銀座線「浅草駅」徒歩9分
地積(面積)8坪、建坪5.5坪
築45年%e7%89%a9%e4%bb%b6%e6%a6%82%e8%a6%81なかなか年季が入った築古物件です。

denkei / PIXTA

そして、かなりの狭小。建坪5.5坪は、相撲の土俵と同じくらいです。

再生できるのか。住めるのか。

期待を持たず、とりあえず一度見に行くことにしました。

ちなみに、地積8坪という敷地条件。

これが、1年以上もの間、物件が売れない大きな障壁になっていたことを、後の銀行との交渉で知ることになりました。

物件を見に行くことに決めましたが、まずは、不動産会社の選択をしました。

その理由は no.4 の記事をご覧ください。

 

■案内された物件はまるで廃墟!?

この物件の取扱い業者を調べたところ、3社あり、そのうち1社は売主でした。

他2社の仲介業者よりも売主の方が、仲介業者への手数料を節約できる、売主と直接交渉ができる、というメリットがあります。

売主を今回の不動産会社に選び、問い合わせと現地確認のアポイントを取り、妻と現地を見に行くことに。

不動産会社に案内された物件は、一言でいうと「廃墟」。

妻は、本当にこの物件なの?と愕然としていました。

建物の内部はスケルトンの状態。

1階は、苔やカビが生え、緑色に。独特な臭いがしていました。

2階に上がる階段は、1度外に出なければ上れない不便な動線。

2階は、壁が崩れ、鉄筋がむき出し。

ところどころが貫通し、外の景色が見えています。床も穴があいています。

3階は、壁面漏水の補修跡があり、そこから凄い異臭がしています。

そして、元々電気店の倉庫だったという建物。

荷運び用のエレベーターが設置されていた名残で、1m角の大きな穴が、1階から3階まで開いていました。

妻は終始、開いた口が塞がらない状況でした。

しかし私は、この物件に運命的な出会いを感じていました。

このとき、夫婦2人の物件に対する印象には、まだ大きな温度差がありました。

 

【低リスク・低コストへの挑戦】

no.1 家のプロが、自分で家をつくったらどうなる?

no.2 住宅購入は本当にリスクが高いのか?

no.3 プロが実践した「物件探し」のやりかた

no.4 1,000万オフに成功!値引きしやすい不動産会社の選び方

no.5 この物件はおトク or 割高?「適正価格」を知るためのポイントとは

no.6 銀行とのローン交渉のタイミング