家づくりのスケジュールには余裕をもって!焦りは手抜き工事の原因に!?

Happy Photo / PIXTA(ピクスタ) この素材についてクリエイターへ問い合わせる

Happy Photo / PIXTA

「家を買う!」「家を建てよう!」と決意するタイミングは、ただ“なんとなく”訪れるわけではないと思います。

大きなお金を動かし、たくさんの時間をかけることもいとわない理由が、何かしらあるはずです。

たとえば、結婚や出産、子どもの就学、賃貸マンションの更新など。

……ということは、新居に引っ越す時期も自然に決まってきますよね。

そして、節税対策で「○月までに」とか、引っ越し業者の繁忙期は避けたいといった希望もプラスされて、よりスケジュールは具体化していくのだと思います。

今回はそんな「家づくりのスケジュール」で、気をつけたいポイントについて書いていきたいと思います。

 

■スタートダッシュに失敗!土地問題で足止めになるケースも少なくない?

freeangle / PIXTA(ピクスタ)

freeangle / PIXTA

家づくりのスケジュールは、引っ越ししたい時期から逆算して決めていくケースが多いと思います。

注文住宅の場合は、土地が決まり地盤調査が済んでいて、工務店やハウスメーカーが決まっていたとしても、引っ越しができるようになるには半年~1年はかかります。

なかには、「そんなに時間をかけられない」というケースもあるでしょう。

その場合は、建売住宅を購入するか、比較的短い期間で建てることができる規格住宅を選ぶとよいですね。

注文住宅の設計から引っ越しまでの大まかなスケジュールは、以下のようになります。

●設計(基本設計+実施設計)→2~3ヶ月(建築設計事務所の場合は約半年)
●建築確認申請→1~2ヶ月

●工事→3~4ヶ月

さらに、この後に検査があり、ようやく住めるようになります。

でも意外に、この前の段階である土地の決定、工務店やハウスメーカーを決めるところに時間がかかってしまうことも。

YNS / PIXTA(ピクスタ)

YNS / PIXTA

とくに土地探しには、苦戦しやすいようです。

もともと土地をもっている場合でも、形が複雑で、宅地に適した形に整えたいと思うケースもあるでしょう。

筆者の知り合いのなかには、隣接地の土地所有者との交渉を重ねたものの折り合いがつかず、そこで建てるのを断念したという人もいます。

ZUN / PIXTA(ピクスタ)

ZUN / PIXTA

また、土地をようやく見つけたものの、地盤調査をしてみたら大がかりな改良が必要だったり、宅地分譲地以外では上下水道の整備から始める必要があったり。

地盤改良をした場合は、土の状態が安定するまで寝かせたほうがよいともいわれています。

もし希望するスケジュールが大幅に変わってしまっても、安心・安全が第一です。

専門家の意見をしっかりと聞きましょう。

 

■工事が遅れていてもグッと我慢!「急いで仕上げて!」と言うのは逆効果!?

cba / PIXTA(ピクスタ)

cba / PIXTA

待ちに待った工事が始まっても、基礎部分の工事の間は、まだあまり実感は湧かないかもしれません。

柱が立ち上がると、「いよいよだな!」という気持ちになってくるものです。

でも、雪や台風といった悪天候、人手不足などから、工事が予定通りに進まないこともあります。

そうなったときに、引っ越しまでに時間がないから……といって急かせるのは、得策とはいえないと思います。

家づくりに心残りが生まれる可能性がありますし、手抜き工事の原因にもなりかねません。

アオサン / PIXTA(ピクスタ)

アオサン / PIXTA

筆者が以前住んでいた一戸建ても、引っ越し日を決めての建設だったのですが、工事は随分遅れていました。

そのため、「引っ越しに間に合うように」と、何度か申し入れをした記憶があります。

もちろん、それが原因だったかどうかはわかりませんが、バスタブのコーキング(防水などのために隙間を埋める作業)がしてないなど、素人でも分かる手抜きがいくつもありました。

Graphs / PIXTA(ピクスタ)

Graphs / PIXTA

結局、内装仕上げが一部終わらないまま引っ越しの日を迎えました。

住むことはできませんでしたが、とりあえず荷物だけを新居に入れてしまうことに。

荷物を入れた後も作業の人が入らざるをえず、工事はやりにくかったと思います……。

 

いかがでしたか?

家は長い人生を共にする大切な相棒ですから、焦らず、スケジュールには余裕をもってのぞみましょう。

賃貸から持ち家に引っ越す場合は、賃貸物件の解約を申し出るタイミングを慎重に見極め、家賃の支払いも必要経費と考え、多めにみておくと慌てないで済むはずです。