たった10分で完成!100均の手ぬぐいでできる「あずま袋」の作り方

img_3022

最近、「手ぬぐい」がブームになっているのをご存知ですか?

専門店ができたり、有名ブランドからも登場したり!

デザインも素敵なので、額縁に入れてアートとして楽しむ方も増えています。

そんななか、最近は100円ショップでも見かけるようになりました。

100円ショップ……と侮るなかれ! 切りっぱなしではなく、端がちゃんと縫ってあるのでほつれにくいんです。

また、デザインも豊富で可愛いので選ぶのも楽しいですよね。

今回は、そんな100均手ぬぐいの魅力に迫ります。

 

■100均の手ぬぐいで、「あずま袋」を作ってみよう!

img_3094

100円手ぬぐいを使って、便利な「あずま袋」を作ってみました。

“あずま袋”も再注目されているアイテム。

日本古来の文化である「包む」から生まれたバッグなんです。レトロな形が可愛いだけでなく、容量もたっぷりなんですよ。

元々は風呂敷を縫い合わせて作るものですが、手ぬぐいならもっと簡単!

なんと、ハサミで切ることなく、たった2か所を縫うだけ!

そのため初心者でも、不器用な方でも簡単にできちゃいます。

その作り方を詳しく図解します。

 

■工程1:表向きに広げる

fullsizerender

まずは手ぬぐいを表向きに置きます。

そして、広げます。

もしシワが気になるようなら、あらかじめアイロンをかけてくださいね。

 

■工程2:三つ折りにする

img_3041

このように、内側に向かってきれいに三つ折りにします。

この時、手ぬぐいにしっかり折り目をつけておきましょう。

 

■工程3:片側を開いて縫う

img_3042

次に片方を開いた状態にして、点線の部分を縫います。

ミシンなら一瞬ですし、もちろん手縫いでもOKですよ!

 

■工程4:縫い終わったら、ペラっとめくる

img_3048

縫い終わったら、このようにペラっとめくっておきましょう。

これは、余計な部分を縫い付けないためです。

この状態のまま、左側を折り曲げます。

 

■工程5:さらにもう一ヶ所縫う

img_8958

この状態になったら、次は下の点線部分を縫います。

 

■工程6:縫い終わったら、最後は元にひっくり返す

2か所縫ったあとは、こんな状態のはず。

あとはくるっとひっくり返すだけ!

 

■わずか10分で、あずま袋が完成!

fullsizerender
ひっくり返すとこの状態。これで完成です!

あとは中に荷物を入れて、上の部分を結べばバッグになりますよ。

 

丁寧に工程を解説したので難しそうに感じられるかもしれませんが、実際は2か所縫うだけなのでビックリするほど簡単です!

普通にバッグとしても使えますし、家の中で収納として使ってもおしゃれですよね。

折りたためばコンパクトになるので、バッグに入れておくのもオススメです。

 

■お弁当用袋としても、とっても便利!

img_3081

さらに「お弁当袋」にもなるんです!

手ぬぐいを丸ごと使うと大きすぎるので、ちょうどいいサイズに切ってから同じように縫っています。

ただし、切ったあとは端を縫う処理が必要です。

また、「マチ」を作るとコロンとして可愛いし、お弁当も入れやすいです。

お子さんでも包みやすいのでオススメですよ。

 

■こちらもとっても簡単!「マチ」の作り方

img_3060

マチを作るには、「工程6」のところで、さらに点線の部分を縫います。

大きめに縫うとマチが大きく、小さく縫うと小さなマチになります。

お弁当の大きさによって、調節してくださいね。

 

いかがですか?

材料費はたったの100円なので挑戦しやすいですよね。

しかも2か所縫うだけなので、10分もかからず完成しますよ。

デザインも可愛いものが多いので、ぜひ好きな柄で作ってみてくださいね~!