夏の暑さ&冷房疲れに…「アロマ足浴」のやり方、教えます!

暦の上では立秋を過ぎましたが、暑さはまだまだ続く気配。

そろそろ夏の暑さや冷房で身体が疲れを感じてくるころです。

そんな疲れに効果的なアロマオイルを使った「足浴」ケアをご紹介しちゃいます!

 

■むくみや冷えによる疲れに「足浴」

20150810ohki1

冷たい飲み物を飲んだり冷房の中にいたりすると全身の血行が悪くなりがち。なんとなく身体がだるかったり、脚がむくんだりしちゃいますよね。

そんな時は「足浴」がおすすめです!

「第二の心臓」ともいわれる足。ここを温めることで全身の血行が改善され、疲労やむくみの解消につながります。冷房冷えで汗がうまくかけない人にもおすすめです。

 

■やり方はとっても簡単!

大きな容器にお湯をはり、お好みのアロマオイルを1〜3滴入れ、よくかき混ぜて足を10〜15分間浸すだけ!

20150810ohki2

さらに粗塩をひとつまみ入れると お湯が冷めにくくなりますよ。

お湯の温度は、眠気を取りたい時や元気を出したいときは42℃くらいがおすすめ。リラックスしたいときや寝る前には38℃から40℃くらいが良いでしょう。

お湯の量はくるぶしが隠れるくらいがベストです。

 

■おすすめのアロマオイルはこれ!

アロマオイルは「ティートリー」がおすすめ! 足の蒸れや汗をかいたあとの足をすっきりさせてくれます。

20150810ohki3

さらに「レモン」や「グレープフルーツ」を加えると足の臭い防止にも効果的。柑橘類の爽やかな香りが気持ちをリフレッシュさせ明るくしてくれます。

ゆっくりと香りに癒されたい場合は「ラベンダー」がおすすめ。疲れた心と身体をリラックスさせてくれます。

20150810ohki4

どのアロマオイルもポピュラーで手に入りやすいものばかりです。

 

■安全のための注意も必要!

お年寄りや既往症のある方、また妊娠している方などは香りに敏感な場合がありますので注意が必要です。3滴のところ1滴にするなど量を調整してみましょう。

また3歳未満のお子様にもアロマオイルを入れた足浴は向いていないので気をつけましょう。

テレビを見ながら。寝る前のひとときに。

パッと試せる足浴はとっても簡単に疲れをとってくれるセルフケアのひとつです。

自宅で簡単に気持ちも身体もリフレッシュ&リラックスして、まだまだ続く暑さを元気に乗り切りましょう!