モノを減らしたい人必見!誰の家にもある「あのアイテム」は全部要らない!?

kou / PIXTA

「今年こそはモノを減らしてすっきり暮らしたい!」。

そう新年に目標を掲げた人も多いのではないでしょうか。

筆者もその一人です。

そんな筆者が自宅ですっきり暮らすために「持たない」という選択をしているものをご紹介します。

 

■水切りカゴを持たない!

以前使っていた水切りカゴが劣化したので買い替えを検討しましたが、試験的にキッチンクロスを敷いてその上に食器を置く事にしました。

もともと筆者宅は食器洗浄機をメインで使用しているので、手洗いするものはそれほど多くなく、水切りカゴからキッチンクロスに替えても、まったく問題がありませんでした。

むしろ水切りカゴの水垢などのお手入れから解放されて一石二鳥です。

キッチンクロスに置いた食器を拭いて食器棚に入れてしまえば、その場所も空くので作業台として使える場所も増えることがわかり、水切りカゴは購入せずキッチンクロスで代用しています。

 

■マット類を持たない!

玄関マット、キッチンマット、トイレのマットなどマット類は敷いていません。

マットの洗濯などお手入れの事を考えると、床をその度に拭いた方が時間もかからずに済みます。

 

■炊飯器を持たない!

一人暮らしのときに使っていた小さな炊飯器を結婚時に買い替える事なく鍋で炊いています。

9年前から使っているのは、「南部鉄器のご飯鍋」です。

子ども達が幼稚園児のときはお弁当作りに炊飯器が必要かと思っていましたが、意外と炊飯器がなくてもやっていけることが分かり、結局、南部鉄器のご飯鍋で炊き続けています。

直火で炊くので美味しい事と、時折できるおこげも家族に人気です。

収納面でも嬉しいメリットがあります。

ごはん鍋は引き出しの中に収まる大きさで、炊飯器のようにキッチンの背面カウンターの上に置く必要が無いので、その分作業台として使えるスペースを確保できる事です。

また、鉄鍋は割れたり壊れたりすることも滅多な事では起こらないのでほぼ買い替え要らずの一生ものです。

 

いかがでしたか。

家の中を見まわすと、あって当たり前だと思っていたけれど、実はなくても大丈夫なものが他にもあるかもしれません。

特に買い替え時はモノを減らす良い機会です。

購入する前に本当に必要か、代用になるものが家にあるのでは、と考えてみる事をオススメします。