イケアTokyo-Bay店初の「IKEA CAFÉ」と「IKEAベーカリー」に行ってみました!

 

2016年春、名称を「IKEA船橋」から「IKEA Tokyo-Bay」に変えたのと同時に、同店にオープンしたのが「IKEA CAFÉ」と「IKEAベーカリー」。

「IKEA CAFÉ」はここTokyo-Bay店のみの出店(ベーカリーは昨年10月鶴浜にもオープン)。

ということで、どのような所なのか行ってみました!

 

■本格的なコーヒーの味が楽しめる「IKEA CAFÉ」

スウェーデンのコーヒー文化を日本にもたらすべく登場した「IKEA CAFÉ」は、2階ショールームの一番奥に位置しています。

ハンドドリップで丁寧に淹れてくれるコーヒーは味わい深く、歩き回って疲れた体に染み渡る美味しさ!

アイスコーヒーは、時間をかけてゆっくり抽出する水出しコーヒー。

上部写真の右側にある黒い抽出マシンで落としています。

カウンター横にある券売機でチケットを購入して注文するスタイル。

スムージーやジュースは1階スウェーデンマーケットで売っているものと同じ商品の提供となっていました。

後で紹介する「IKEAベーカリー」のパンの一部が、ここでも味わえるんですね!

疲れた時に小腹を満たしてくれるパンは、ありがたい!

他にコーヒー豆も販売していましたよ。

カフェコーナーは、すべてイケアの製品で構成されています!

統一感のある空間にデッサン人形で工夫された壁面ディスプレイが躍動感いっぱいで楽しい雰囲気!

イケアにしては少々高い値段設定かなと思いましたが、これだけ手をかけて本格的なコーヒーが味わえるのだから、妥当な価格といえるかもしれません。

この一角だけしっとりと落ち着いた雰囲気で、ほっと和める空間でした。

エリアとしては小さめですが、コーヒーの良い香りに誘われてついつい立ち寄ってしまいたくなる「IKEA CAFÉ」なのでした!

 

■ヨーロッパ各国の味が楽しめる「IKEAベーカリー」

「IKEAベーカリー」は1階レジを出た正面、スウェーデンマーケットに併設しています。

フランス・デンマーク・オランダなどの焼きたてパンが常時、約15種類売られています。

「プリンタルト」はサクサクのクッキー生地とカスタードが止まらない美味しさ!

甘さ控えめなので、アッという間に完食しちゃいました!

定番のシナモンロールは、1個90円。

帰ったらすぐ食べる!という方は、冷凍のシナモンロールを買うよりこちらの方が気楽ですね。

お会計の後は自分でビニール袋に入れます。

商品の買い物同様、袋は用意されていないのでパン用の持ち帰り袋をご用意するのがオススメです!

今のところTokyo-Bay店初の「IKEA CAFÉ」は、他にはないくつろぎと美味しさを提供してくれる場所でした。

ベーカリーは鶴浜店にも展開していますが、他店での展開を期待しています!