クーラー冷えや夏バテは生姜で解消!冷蔵庫のあまりでジンジャーエールを作ってみよう!

imasia_4911357_M

料理用に「ショウガ」を買ってみたものの、少しだけ使用したままそのまま忘れてしまって、冷蔵庫の奥の方でカピカピに乾燥してしまっている……なんて経験ありませんか?

薬味に使おうにも、そんなに頻繁には使わない……。

そんな「ショウガ」を有効活用して、手作りのジンジャーエールを作ってみませんか?

中国やインドなどでは漢方薬として使用されている「ショウガ」。クーラー冷えしやすい人や、代謝の悪い人にもオススメですよ。

 

■手作りジンジャーシロップをつくろう

マクラメ 8月12 002 (1024x680)

(材料)

  • ショウガ 500g
  • はちみつ大さじ3
  • 砂糖(自然のもの)600g
  • レモン汁大さじ3
  • 水 600cc
  • シナモン 2本
  • クローブ 3~5個

(作り方)

(1)ショウガは皮をむいて薄くスライスします。

(2)鍋に水とショウガと砂糖を入れて、沸騰したら弱火にして20分煮立たせます。

(3)はちみつ、シナモン、クローブ、レモンを最後に入れてひと煮立ちさせ、火を止めます。

ジンジャー 012 (680x1024)

最後に煮沸消毒した保存瓶に入れて冷蔵庫などに保存してください。

冷たい水や、炭酸水で割ったり、お酒にシロップを少し入れても、グッと風味が楽しめますよ。

 

■「火を通した」ショウガはスゴイ!

生のショウガを加熱すると「シンゲオール」と水分子が外れて、「ショウガオール」という、より辛味の効いた成分に変わります。

この「ショウガオール」は、胃腸で生産されるカルシトニン遺伝子関連ペプチドが心臓の血流拍出量を増やしてくれる効果もあるので、体の芯から温めてくれる効果も見込まれています。

「ショウガオール」をとってからウォーキングなどの有酸素運動は、体脂肪を減らす効果もあるそう。

 

出勤前や、朝のウォーキング前に、手作りジンジャーエールで身体をキリッとさせてみませんか? きっと夏バテも吹き飛ぶはずですよ。