トイレの操作パネルが変わる!? もう迷わない!新しくなった「温水洗浄便座」って?

 

夢見る詩人 / PIXTA

あなたのお家のトイレは温水洗浄便座ですか?

一度使用したらクセになる、快適な温水洗浄便座ですが、メーカーにより操作パネルの絵表示(おしり洗浄、ビデ洗浄など)が違うこと、ご存知でしたか?

今回は、いつもお世話になっている温水洗浄便座の絵表示についてのお話です。

 

■温水洗浄便座の「絵表示」はトイレメーカーごとに違う?

内閣府の調査によると、温水洗浄便座の一般世帯での普及率は80%を超え、トイレの水洗化を終えた国内一般家庭に、温水洗浄便座はほぼ普及したと推測されます。

 

また、一般家庭に限らず、オフィスビルや商業施設、ホテルや鉄道、駅、旅客機といったパブリック用途などにも温水洗浄便座は採用されるようになり、現在では私たちの生活になくてはならない必需品となってきています。

温水洗浄便座の操作パネルには、

「ふたの開閉」「便座の開閉」「便座洗浄(大)」「便座洗浄(小)」「おしり洗浄」「ビデ洗浄」「乾燥」「止める」

など、最大で8種類の絵表示がありますが、この絵表示はメーカーや機種によってかなり異なります。

 

■高齢者や外国人観光客には分かりにくい温水洗浄便座

naka / PIXTA

温水洗浄便座の操作パネルがトイレメーカーや機種ごとに違うことから、特に高齢者にとってわかりにくいとの見解が以前から多く、間違えて操作してしまうトラブルも問題になっていました。

また外国人旅行者にとって温水洗浄便座は文化の違いもあるので、

「様々な操作ボタンの役割が分からない」「操作方法が分からない」「日本語表示しかなくて困った」

といった声があり、改善が必要とされていました。

 

■新しく統一された絵表示は「直感的な分かりやすさ」を重視

そこで日本レストルーム工業会は、同工業会に加盟する国内主要メーカー9社の2017年度以降の新製品から、トイレ操作パネルの絵表示を統一し、メーカーごとの差異をなくすことを決定しました。

統一した8種類のデザインは、工業会に加盟する各社のデザイナーで構成したワーキンググループで検討を重ね、

日本国内だけでなく、海外の利用者にもアンケート調査を実施したうえで「直感的な分かりやすさ」や「各ピクトグラム間での統一感」などを考慮して決定したそうです。

その新しいトイレ絵表示デザインは、こちらです。

TOTOの温水洗浄便座を使っているお家では、操作パネルはほぼ今まで通りではないでしょうか?

個人的には、小さくても英語表記があったほうが良かったな……、と思いました。

 

soulman / PIXTA

いかがでしたか?

2020年には東京オリンピック・パラリンピックが開催されることもあり、外国人観光客に日本の温水洗浄便座の良さをアピールする機会にもなります。

今回、トイレ操作パネルの絵表示が統一されたことにより、日本の温水洗浄便座は一歩前進しました。

今後は、国内はもちろん、世界中に日本のきれいトイレ文化が広がると良いですね。

(しかまのりこ)

 

【参考】

※ 日本レストルーム工業会

※ トイレナビ