無印の超人気アイテム「ファイルボックス」の便利な活用法とメリット

 

 

charly / PIXTA

皆さんもご存知の「ファイルボックス」。

書類や本などの収納に適しているボックスですが、それ以外にもいろいろなモノの収納にもすごく便利なんです。

整理収納アドバイザーやお片付け好きの人が愛用しているのが、無印良品の超人気商品「ポリプロピレンファイルボックス」

今回はこちらの活用法をご紹介します。

 

■活用法1:病院へ行くときの必需品!家族みんなの「病院セット」

いざ病院へ行こうと思ったときに「診察券が見当たらない!」「保険証はどこ?」と具合の悪い時に探し回るなんて避けたいですよね。

筆者の自宅では、そんなことのならないよう、ファイルボックスの中に、以下のようなものを家族それぞれの分セットして収納しています。

  • 母子手帳
  • お薬手帳
  • カードケース:保険証・医療証・診察券(子どものみ)
  • マスク

大人はもちろん、子どもでもわかるようにセットしてあげると「探す時間」「探すストレス」「聞かれて困る」ということがなくなります。

 

そして、医療費控除の手続きに必須の病院の「領収書」。

こちらも適当に放置されないように「医療費の領収書入れ」を用意しておくといいと思います。

 

■活用法2:「ランチョンマット」「トレー」の収納など、いろいろな場所で使える!

意外にかさばる「布製のランチョンマット」は、丸めて横にするとムダなく収納できます。

もちろんキッチンでも活用できます。

食事に使うトレーなどは家族が取り出しやすいように、お子さんがお手伝いできるように、またトレーが倒れないためにもファイルボックスを活用すると快適!

その他にも洗剤や調味料のストック、フライパン、以外にかさばるルーターやモデムの収納など、たくさんの使い方があります。

 

■無印「ファイルボックス」のメリット4つ

最後に、無印「ポリプロピレンファイルボックス」のメリットをご紹介します。

それは、以下の4つ。

  1. デザインの良さ
  2. 丈夫な素材
  3. 大きさも選べる
  4. 豊富な使い道

収納するうえで、欠かせないポイントの1つは、見た目です。

扉を開けたとき、統一感があることでスッキリ見せてくれるだけではなく、日々使っている私たちの気持ちも穏やかにしてくれます。

 

いかがでしたか?

こまごまとしたモノもキレイに収納もできて、お家のインテリアやデザインにも合わやすい「ポリプロピレンファイルボックス」。

ぜひ、皆さんも活用してみてくださいね。