無印の「ステンレスメッシュトレー&バット」が最強な理由3つ

野菜を切って水洗いしたあと、なかなかスッキリ水切れできない、なんとなくいつまでもビシャビシャしている、そんな経験ありませんか?

それはボウルが深いからかもしれません。

もっと浅くて広いザルがあったら便利だなぁ、そう思った時に出会ったのが、シンプルで実用的な商品展開で人気の高い無印良品の「ステンレスメッシュトレー」「ステンレスバット」でした。

購入してみたらすごく使い勝手が良く、野菜の水切り以外にも活躍してくれています。

その便利さの理由を3つ、ご紹介いたします。

 

■理由1:「重なりにくい」から、しっかり水切れができる!

いつも使っているザルは深さがあるので、忙しいときには特に目一杯入れて野菜を洗っていました。

たくさんの野菜を一気に洗うことができて、時短になっているような気がしていましたが、なかなか水が切れない。

深さがあるので、水切れにも時間がかかってしまうのです。

そこで、浅くて広さのあるメッシュトレーを使ったところ、短時間でしっかり水が切れました!

水切りするだけでなく、今の時期に食べたくなるお鍋の食材やおでんの材料などを並べて、食卓に出す時にも重宝しています。

 

■理由2:「広さ」があるから、揚げ物にも使いやすい!

水切り同様、揚げ物の油切りも短時間で済ませたいものの1つ。

短時間でスッキリ油を切ると、揚げ物もさくっと美味しく食べることができますよね!

ステンレスメッシュトレーと、ステンレスバットを重ねて、揚げ物の油切りにも使っています。

広さがあるので、ポテトを揚げたときにも、一気に油を切ることができてとっても便利!

ステンレスでお手入れも楽なところも気に入っています。

 

■理由3:メッシュトレーとバットの間に「適度な空間」があるから、たくさんの洗い物でもすぐ乾く!

大量の洗い物が出たときに、食器の水切りかごがいっぱいで置き場所がない!

そんな時のピンチヒッターとしても活躍してくれるのが、ステンレスメッシュトレー&バット。

メッシュトレーとバットの間に適度な空間があるので、乾きも早いのが嬉しいです。

カトラリーなどの小さな洗い物は水切りかごの下に入ってしまうとなかなか乾かないんですが、こんな風に置いておけば短時間で乾きます。

 

いかがでしたか?

料理の支度から後片付けまで大活躍なステンレスメッシュトレー&バット。

縁の下の力持ち的存在です。

ぜひ、皆さんもぜひ試してみてください。