気に入ったカレンダーがない…、ならば「万年カレンダー」をDIYしよう!

 

TAKA / PIXTA

もうすぐ新年度がスタート。

このタイミングでカレンダーを新調する、という方もいらっしゃるのではないでしょうか。

でも、気に入ったカレンダーを見つけるのって、なかなか大変。

そこまで気に入ったわけではないけど「ちょうど良いサイズ感のものが、これしかなかったから」などと、妥協している方もいるのでは?

それなのに毎年末にはゴミになるし……しかも壁かけタイプのカレンダーって、ワイヤー部分があるから捨てるのも厄介で面倒くさい!

それなら、いっそのこと自分でハンドメイドしてみませんか?

 

■材料はたった3つ!「磁石」に数字と曜日を書けばほぼ完成

用意する材料はたったの3つだけでOK。

  • お気に入りの柄のブリキ板(筆者が使ったのは雑貨店で購入したもので300円程度でした)
  • 文字を書くスペースが確保できる磁石(38個)
  • 好きな色の油性ペン(適当な大きさの数字シールとアルファベットシールなどでもOK)

 

作り方は以下の通り。びっくりするくらいカンタンです!

まず、磁石に曜日と数字(日にち)を書き込んでいきます。

当たり前ですが、水性ペンでは書けないので、油性ペンを用意してください。

磁石に直接書くと、上の写真のように滲んでしまいます。

この滲みを手作り感が出て良いと思うか思わないかというのは、個人差や全体の雰囲気によって違ってくる思います。

これが気になる、という人は数字を書いた紙や布を貼りつける、数字シールを貼るなどの工夫をしてみてください。

曜日に関しても同じことが言えます。

磁石の準備が出来たら、後はブリキ板にくっ付けていけば、もうこれで出来上がりです!

気に入った柄のブリキ板で作るので、部屋の雰囲気にも、自分の好みにもぴったりのカレンダーに仕上がります。

賃貸物件に住んでいる人はもちろん、持ち家でも壁に穴を開けたくない人もいるでしょう。

その場合は、イーゼルを使えば「卓上カレンダー」として活用することができます。

また、ブリキ板には四隅に穴があいているものも多いので、画びょうや紐を通して壁かけにもできます。

設置の仕方については、ご自宅の環境と相談しながら、最適な場所を見つけてください。

 

■「マグネットカレンダー」のココが便利!

予定を付箋やメモ用紙に書き込んで、その日にちの磁石の下に挟めば、スケジュール管理もできます。

予定の変更にも、フレキシブルに対応することができるのもメリットですね。

コルクボードと画びょうでも、似たようなものを作ることができます。

しかし、万年カレンダーは毎月日にちをリセットする必要があります。

コルクボードと画びょうの場合、繰り返し刺しているとだんだん穴が大きくなって、そのうち抜けてしまう……というような可能性も。

でも、磁石であればそういった心配もありません。

 

いかがでしたか?

デザインも使い方も、アイディア次第でいろいろな楽しみ方ができる万年カレンダー、ぜひトライしてみてくださいね。