目指せ「電気代ダイエット」!リミットは朝8時。「家事の戦争」って!?

4万円超えの電気代請求にびっくり仰天した我が家が、夏までに電気代の20%削減を決意。

節電モニターの導入で、電気の見える化に成功しました。

今回、目を付けたのは「洗濯機」と「掃除機」、そしてこれらの家事時間。

少しでも成果が表れると、やる気を見せるわが家の「電気代ダイエット」のお話です。

 

※ 【目指せ「電気代ダイエット」!】これまでの記事を見てみる

 

■「家事の戦争」は朝8時が家事リミット、急げ!急ぐんだ!

わが家の電気代が安く使える時間帯は、深夜0時から朝8時までの「深夜時間(1㎾h単価14.1円)」。

「昼間時間(1㎾h単価35.6円)」より約21円も安く使うことができます。

ざっくりと3分の1。

洗濯の場合、昼間時間に1回洗濯機を回した料金と、深夜時間に3回洗濯機を回した料金とでは、さほど料金が変わらないということ。

そして掃除機。

昼間時間に20分間掃除機をかけるなら、深夜時間なら同じくらいの料金で、3倍の60分間、のんびりとかけられる計算に。

とにかく「深夜時間」を活用すると、約3分の1の料金で「お得」に使うことができるのです。

 

■毎日の洗濯を「昼間時間の夜洗濯」から「深夜時間の朝イチ洗濯」に変更したら、料金約3分の1に!

これまでは毎日1回、夜のお風呂あがりに洗濯していました。

これからは深夜時間に洗濯できるよう、タイマーセットすることに。(だいたい朝5時)

時間帯の見直しで、どれほどの節電になるのか。

消費電力170Wの洗濯機を1回(約40分)まわした「昼間時間」と「深夜時間」の差を考えます。

消費電力170Wの洗濯機を1回(約40分間)、昼間時間(1㎾h単価35.6円)に洗濯すると

0.17(kw) × 0.66(h) × 35.6(円) = 約4円

これを一日1回、30日間続けると、4円×30日=120円になります。

(電気料金の計算式は 消費電力(kw)×時間(h)×単価(円)=電気料金)

いっぽう深夜時間(1㎾h単価14.1円)を利用すると

0.17(kw) × 0.66(h) × 14.1(円) = 約1.6円

一日1回、30日間続けると、1.6円×30日=48円になります

深夜時間を使用することで、ひと月で約72円の節約に。

この72円を「たった」と考えるか、「こんなに」と考えるかは人によりけり。

しかし電化製品ひとつひとつ見直すと、月当たり1,000円は優に超えてしまうから恐ろしくもあり、オモシロイのです!

 

■“鬼家電”の掃除機を、「大鬼」から「子鬼」に変えました

さて、次は掃除機を退治します。

掃除機は1000w超えの鬼家電であることが判明いたしました。

まずは「大鬼」を「子鬼」に変化させることから始めます。

わが家の掃除機は「強」「中」「小」と、パワーを選べる仕様です。

これまでは「強」でカンガン掃除していました。

掃除機の音が大きければ大きいほど、パワフルにゴミを吸い取ってくれるイメージだったからです。

「強」で使用すると鬼家電ぶりを発揮して「1309w」をたたき出します。

この時の待機電力、84wを差し引いても「1225w」。

「弱」で使用すると「637w」、待機電力を差し引いて「553w」。

「強」の1225wと比べると、その差は歴然!

これからは「弱」の掃除を心がけます。

そして掃除時間帯の見直しです。

「昼間時間(1㎾h単価35.6円)の日中掃除」から「深夜時間(1㎾h単価14.1円)の朝イチ掃除」へ家事時間を変更いたします。

わが家の掃除機使用時間は、1回約20分。

「強」で掃除機を約20分「昼間時間」に使用した場合は
1.255(kw)×0.33(h)×35.6(円)=約15円

「弱」で掃除機を約20分「深夜時間」に使用した場合は
0.553(kw)×0.33(h)×14.1(円)=約3円

これまでは「昼間時間」に「強」で掃除して「15円」でしたが、これからは「深夜時間」に「弱」で掃除して「3円」の使用方法に変更します。

1回たったの15円でしょ?とあなどってはいけません。

「3円で掃除できる方法」があることを知ると「おトク」が大好きなあなたの血が騒ぎだしませんか?

変更後との差額は1回あたり12円。これを毎日1回30日間続けると360円。

前述にある、洗濯機の節電金額72円(30日間)と合わせると、ひと月当たり432円の節約に!

洗濯機と掃除機の2つを見直すだけで、これだけの節約効果が期待できるのです。

そして電気代は従量性であることから、全体の電力使用量を少なくすると、単価が安く使える可能性もでてきて、良いことづくめ。

朝は忙しく、たしかにバタバタとしますが、面倒な家事を朝のうちに片付けてしまうと、そのあとはゆったりとした時間が流れます。

わが家では朝8時から始まる「朝ドラ」を見るのが習慣なのですが、ドラマのオープニング曲が聞こえてこないかハラハラしながら家事をこなす毎日。

そんなゲーム感覚が、今では病みつきなのでした。

次回は「グラフで見る我が家の電気量」をお送りいたします。