「栃木の木」は強い!? そのヒミツは…寒さにアリってどういうこと?

設計:高山毅

突然ですが皆さん、もし家を建てるなら、こんな家はステキだと思いませんか?

至るところに無垢の木材がふんだんに使われていて……。

まるで自然の中にいるような落ち着いた雰囲気。

実はこちら、「とちぎ材」でつくられた家なのだとか。

どうして栃木県なの? その魅力に迫ってみたいと思います。

 

■栃木県の製材加工会社にお邪魔してきました!

取材協力:無垢杢工房

ということで、実際に栃木県の製材加工会社「無垢杢工房」にお邪魔してみることに!

ここ栃木県は乾燥材生産量で日本一になったこともある、全国有数の木材生産県なのだそう。

編集部Mの後ろにあるのは、栃木県で取れた「ひのき」。

作業場全体にひのきの良い香りが漂っているのですが、香りまでお届けできないのが残念なくらい!

「無垢杢工房」1級建築士 高山毅さん

今回、製材加工作業場を案内してくれたのは、「無垢杢工房」の建築士、高山さん。

――立派な木ですね……。この大きさになるのに、大体どれくらいの時間がかかるんですか?

これで大体50〜80年くらいですね。

――80年……!!

「丸い」木から「四角」の柱材や板材を切り出していくわけですから、なるべく歪みのない“まっすぐ”な木のほうが効率がいいんですよ。

栃木県は積雪や水害が少ないので、「根曲がり」が少なく、まっすぐの木が育ちやすいんです。

枝打ちや間材などの手入れも行き届いているので、節が少ない質のいい木が取れるんですよね。

切り出された板材や正角・平角材は、フローリング材や柱材・梁材として使われる

 

木材のことをたくさん教えてくれた、工場長の敦賀英治さん

切り出された木は、まだ水分をたくさん含んでるんです。触ってみて。

――ほんとだ! 水分を含んでいるからか、しっとりと冷たく感じます。

ここから、使う場所に適した乾燥法で木材を乾かしていくんです。例えば、天然乾燥では1年を超えるものもあるんですよ。(注:材料の規格による)

――1年もですか……!

乾燥させたほうがこっち。どうですか? 全然触った温度が違うでしょう?

――ほんとだ、触った感じがさっきとは全然違う! ……これで完成ですか?

まだまだ(笑)このままだと日焼けしてしまっているから、表面を何度か削って仕上げるんです。

――苗を植えて50年以上かけて木材を切り出して、さらに乾燥させて、加工して……。1枚の木材を作るのに、こんなに技術と時間がかかってるんですね……。

そう、だからこそ「とちぎ材」は“強い”んです。

 

■どうして「とちぎ材」は“強い”の?

丸くて美しいひのき

一般的な森林の標高から見ると、「ひのき」の北限は、大体栃木辺りなんですよ。これが「とちぎ材」の強さのヒミツなんですが、どうしてか分かりますか?

――うーーん……寒いとゆっくり育つから?

そう、同じ樹種でも品種や育て方(枝打ち、間伐)などによる違いはありますが、例えば九州辺りだと、このくらいの大きさになるのに大体25年くらいで済んじゃう。だけど栃木は寒いから倍の50年はかかっちゃう。

すると、同じ太さでも年輪は倍の量になるわけですね。

じっくりと成長するから、年輪幅が狭くなり、目が詰まって固くて強い木材ができる。これは「ひのき」だけじゃなく「スギ」なんかにも言えます。

国が定める基準強度と比べても高い数値を誇ってる。プロは「とちぎ材」の良さを知っていますが、もっともっと一般のお客様にも知っていただけると嬉しいですね。

次回では実際に、とちぎ材で建てたという高山毅さんのご自宅にお邪魔して、木の家の魅力に迫ってみたいと思います。

 

 


Sponsored by 栃木県木材需要拡大協議会