換気扇、排水溝、魚焼きグリル…。「キッチン掃除」の面倒な場所ランキングと対策

 

KY / PIXTA

つい見て見ぬフリをしているキッチンの汚れ、ありませんか?

ある調査で、普段自分でキッチンを掃除する人に「掃除が行き届かずに不満に思う場所」を聞いたところ、

「換気扇・レンジフード」(51.0%)が最も多く、以下「排水口」「壁」「冷蔵庫の中」「ガスコンロ」「魚焼きグリル」が2~3割で続いていました。

たしかに身に覚えが……。

今回は、そんな億劫な場所を掃除する方法をまとめてみました。

 

■「換気扇・レンジフード」の汚れには、使用済み油がイイ!?

mai / PIXTA

換気扇の汚れって、普通にスポンジと食器洗い洗剤で洗うと意外にカンタンに落ちたりするものです。

それでも厳しいガンコな油汚れには、強力台所洗剤のほか、最近では重曹、セスキ炭酸ソーダなどを使う方法が話題です。

ですが、正直そういうのも面倒……と思ってしまう筆者が紹介したいのが、「使用済み食用油」を使う方法。

我が家では、揚げ物をするたびに油こしを通して再利用しているのですが、やっぱり油の色も変わるし食材のニオイもつくので、そう何度も料理に使うのもはばかられるし、

かといって捨てるのがもったいない……ということで、掃除に使ってみたところ効果抜群!

  1. 換気扇の羽に使用済食用油を塗り広げ、クルクルと汚れになじませる
  2. いらない布やキッチンペーパーで油を拭う
  3. スポンジと食器用洗剤で洗う

この3ステップで完了です!

ちょうどクレンジングオイルでメイクを落とすように、油絵の筆を油で洗うように、「油は油に溶ける」性質を利用しましょう。

 

■「排水溝」は、実はお湯だけでOK!

彩恵 / PIXTA

排水溝の汚れは触るのもイヤですよね。

できるだけシンプルに、そして短時間で終わらせたい場所です。

ここも、ややこしいグッズは不要。

  1. フタ・ゴミ受けカゴ・排水カバーなどを外す
  2. 排水口に雑巾を詰めるかお皿を置いてふさぐ
  3. シンクいっぱいにお湯をためたら、雑巾やお皿を外して一気にお湯を流す
  4. 2〜3をもう一度繰り返す

この4ステップだけで、ぬめりが流れてくれます。

もし酸素系漂白剤がおうちにあれば、3のところで1の部品と一緒につけ置きすれば、汚れが浮いて落ちやすくなり一石二鳥!

酸素系漂白剤は、お掃除のほかお洗濯にも使えるので、1つあると便利です。

 

■「キッチンの壁」は、気付いた時にお掃除シートで拭くのが一番手軽!

彩恵 / PIXTA

我が家では市販のキッチン用お掃除シートを常備して、気付いた時にササッと拭いています。

そんな風にこまめな掃除ができれば苦労しないのは分かっているのですが、それでもしばらくサボって汚れが溜まってしまった時は……、

大胆に台所洗剤とスポンジでワシワシ洗い、絞った布巾で拭けばカンタンに綺麗になりますよ。

ビニール系やタイルの壁の方は試してみてください。

 

■「冷蔵庫」「グリル」の掃除方法は、日刊Sumaiの記事に答えがあった!

Graphs / PIXTA

冷蔵庫のお掃除は、「計画的に食材を食べきる」のもコツ?

日刊Sumaiのこちらの記事を参考にしてみてください。

実は細菌だらけかも…!?正しい「冷蔵庫」のお掃除のやり方

 

佐竹 美幸 / PIXTA

魚焼きグリルは、酸素系漂白剤を使って浸けるだけでピカピカになります。

こちらに関しては、以下の記事を参考にしてくださいね。

大掃除はラクしてキレイ!がいちばん。SNSで話題の「オキシクリーン」で家中ピカピカに!

 

 

年末の大掃除からあっという間に3か月たちました。

あまり汚れのたまっていない今こそ、キレイを保つチャンスかも。

新年度をスッキリ迎えるためにも、ぜひ試してみてくださいね。

(オカダヒロタケ)

 

【参考】

※ 【キッチンの掃除・手入れに関するアンケート調査】