不要品がお金に変わった瞬間を今も忘れない!「フリマアプリ」で賢く節約

 

皆さんは「フリマアプリ」を使っていますか?

「メルカリ」「FRIL(フリル)」「ラクマ」など、日常的にCMで見かけるあのアプリです。

Graphs / PIXTA

筆者は今からちょうど1年前に「メルカリ」を始めました。

最初の頃は、「知らない人とやり取りするなんて怖すぎる!」と思っていましたが、今となっては「売ったり買ったり」が日常的に。

はじめて商品を買ってもらえた「あの時の感動」は、今でも忘れません。

現在はバイヤー気分で、家中の不用品を集めては、日本中の人と繋がった気分になっています。

「知らなきゃぜったいに損する!」フリマアプリ活用法について、筆者が始めた当初の「不安や工夫」などを含め、

アプリの使い方や注意点などについて、詳しくご紹介していきたいと思います。

 

■この子ども用スーツどうしようかな…、が最初のきっかけ

kuro / PIXTA

私がフリマアプリ(メルカリ)を始めたきっかけは、子どもが1年生の入学式に使用した「スーツの処分」に困ったことから始まりました。

捨てるに捨てられないけど、一生取っておく覚悟もない。

誰かに譲るにしても、ちょうどいい子が見つからない。

それに「おさがり」を人にあげるのって、けっこうお互いに気を使いませんか?

(あげる側)
「迷惑だと思われたらどうしょう」「ごみを押し付けたと思われたらどうしよう」「お返しの心配をされたらどうしよう」

(もらう側)
「もらったけど、好みに合わない」「実はすでにサイズアウト」「似たような服をたくさん持っている」

なんて、考えただけで疲れてしまいます。

その点、フリマアプリなら、欲しいと思った人が買ってくれるわけだし、中古品であることを理解した上で取引してくれます。

xiangtao / PIXTA

「とっても可愛いですね! こんなのを探してました!」

なんてコメントをもらったりすると、正直テンション上がります。

お願いされてもいないのに「値引き」しちゃったりして……。

こうした購入者とのやり取りも、フリマアプリの楽しいところであります。

 

■子ども用品を中心に、新品同様の掘り出し物も

フリマアプリでは売りもしますが、買いもします。

Universal Water / PIXTA

例えば、よく筆者が購入するのが「子ども用の本」です。

学校では毎日「朝読書」なる時間が設けられていて、その時に読む本を欲しがります。

マンガじゃない本であれば(笑)、たくさん買ってあげたいのですが、1日か2日で読み切ってしまうとなると、何冊あっても足りません。

学校の図書館で借りてくれれば良いのですが、人気の本はいつも貸し出し中だったり「読みたい本がないんだよー」と言われます。

古本屋さんに行っても欲しい本がなく、「骨折り損のくたびれもうけ」で終わったり。

そこでよくフリマアプリでを活用しています。

freeangle / PIXTA

読み終えた後は、また欲しいお子さんのもとへ。

ただし、子どもには「キレイに読んでね!」と口を酸っぱくして言いますが、ヨレヨレにされることも……。

 

■「知らない人」とやり取りするのはちょっと…という人には匿名配送も可能!

筆者が利用しているフリマアプリ「メルカリ」では「らくらくメルカリ便」といって、お互い住所を知らせずにやり取りできる「匿名配送機能」が備わっています。

送料は一番安くて、全国一律「195円」から(2017年3月現在)。

sasaki106 / PIXTA

宛名書きも不要で、スマホで作るバーコードを、ヤマトさんに「ピッ」とスキャンしてもらうだけのラクチン配送です。

 

いかがでしたか?

知らないことを「知る」だけで、家計を預かる節約主婦の強い味方に!

オトクがあふれる「フリマアプリ」に少しは興味を持っていただけましたか?

Graphs / PIXTA

「生活に取り入れないなんて、絶対にもったいなーい!」。

というわけで、「やり方が分からない」「不安がぬぐえない」と言う方のために、

次回からは出品や購入のポイントを含め、筆者が始めた頃の「心の動揺」を詳しくをお伝えして、

「私もチャレンジしてみようかな?」と思っていただけるような「フリマアプリの話題」をたくさん提供していきたいと思います。