もうシワシワ&ズレ問題がなく読める!無印「自分で折るブックカバー」がストレスフリーな理由

 

robbie / PIXTA

本屋さんで文庫本やハードカバーの本を購入すると、「カバーをおかけしましょうか?」と聞かれますよね。

でもそのカバーって、わりとすぐにダメになりませんか?

そのお悩み、無印良品のアイテムが解決してくれるかもしれません!

 

■シワシワ問題、ズレる問題…。本屋さんのカバーの悩み

本屋さんのカバーって、とてもありがたいサービスですが、”無料サービス”ゆえに悩みも……。

購入当初は、このように綺麗な状態ですが、

毎日バッグに入れたり、本を読み込むうちにシワシワになってしまうことも……。

また、カバーに使われている紙自体が薄いので仕方がないのですが、読んでいるとズレてくるのがちょっとストレスだったりします。

皮製やビニール製など、丈夫な素材で作られた文庫本や新書サイズのブックカバーは一般的によく売られています。

しかし、それ以外の参考書やサイズの小さい旅行本などのカバーってなかなか売っていない!

そんな時に発見したのが、「無印良品のブックカバー」でした。

 

■文庫、新書、四六版、A5版まで。好みのサイズで作れるところがスゴい!

アイテム名は「自分で折るブックカバー」

その名の通り、自分の手持ちの本のカバーを自分で折って作るものです。

サイズ展開は、

  • 文庫本・新書本兼用サイズ(税込250円)
  • 四六版・A5兼用サイズ(税込350円)

の2種類で、ネイビーとライトグレーの2色展開。

このサイズでしたら、大体の本のカバーに対応できそうですよね。

肝心のカバーとなる紙は、クタクタになりにくく、しっかりとしたもの。

厚すぎないので、折りやすいというのもポイントです。

カバーを装着したらこの通り! とてもシンプルで素敵だと思いませんか?


落ち着いた紺色なので、棚などに置いている本にこちらのカバーをかけてあげると、オシャレなインテリアアイテムとしても活用できそう。

実は、無印良品では以前からデニム生地やジーンズのラベル素材のブックカバーは存在しているんです。

しかし、それらは文庫本や新書本の既成サイズでした。

ですが、今回オススメする「自分で折るブックカバー」は汎用性抜群で、待ってましたの一言!

枠にとらわれず、自分の好みの本のサイズのカバーを折ることができる、というところが何とも無印良品らしいこちらのアイテム。

このようにカバーのかけ方の説明の紙も入っているので安心です。

お値段もリーズナブルなので、本のプレゼントと併せてこちらのカバーを添えるのもオシャレ。

お店では目立たない、地味なアイテムですが使い勝手はとてもいい!

ぜひ、この機会にお店でチェックしてみてくださいね。

 

【参考】

※ 無印良品