今までになかった「新スタイル」のIKEAが10月、熊本にオープン!

以前、「通常の1/10程度の広さの“ミニIKEA”が、世界のどこかに登場するらしい……」という記事をご紹介しましたが、なんとその“ミニIKEA”が、日本の熊本市内に登場することがわかりました!

 

■従来のイケアストアとは違う「新しいフォーマット」の店舗

写真 2015-08-26 11 11 38

2016年の事業戦略を語る、イケア・ジャパンCEOのピーター・リスト

26日に行われた、IKEAの記者発表会。

そこで発表されたのが、“新フォーマットの店舗”を今後展開していく方針だということ。そして、その新フォーマット店舗の国内第1弾が、熊本市内にできるということ。いったい、どんな形のIKEAになるのでしょうか?

 

■広さはわずか1/10。「ミニIKEA」店舗ができることって?

IKEAといえば、回るのに1日中かかるほど広い“大型店舗”が特徴的。

現在、国内に8つ店舗があり、九州には「IKEA 福岡新宮」がありますが、熊本の店舗はこの福岡新宮店の“サテライト”的な存在となるそう。

広さは、従来店舗のわずか1/10。カタログやデジタルデバイスを使って商品を注文したり、あらかじめオーダーしておいた商品を、この店舗で受け取れるという仕組み。

もちろん、実際の商品も一部ディスプレイしてあるので、雑貨などの簡単なものであればその場でサッと買える、という形になるのではないでしょうか。

ホームファニシングに関するサポートサービス窓口や、フードも取り扱うそうですよ。

また、将来的にはオンラインでのオーダーも可能となるとのこと。「IKEA 福岡新宮」が遠すぎてなかなか行けない……といった、南九州エリアの人たちは朗報ですね。

 

■東海地方初! 愛知県「長久手」にも大型店舗がオープン

また、これまでのスタイルを踏襲した大型店舗も、東海地方初となる、愛知県長久手市に登場。

実は、大阪の「IKEA 鶴浜」来客数のうち、9%が東海地方から訪れているのだそう。ぐっと行きやすくなる新イケアストアに、東海地方の人たちは今からワクワクすること間違いありませんね!

 

IKEAファンならずとも、楽しみなこの2店舗。お近くの人はぜひ行ってみてはいかが?

 

【関連記事】

日本にもほしい!10分の1サイズの「ミニIKEA」が登場するらしい