材料費はほぼ0円!空き瓶リメイクでオシャレな「花瓶」を作ろう!

 

セーラム / PIXTA

皆さんのお宅では、空き瓶って、どうしていますか?

著者宅もマヨネーズ、ジャム、ジュースやソースまで幅広いサイズの空き瓶がでますが、貼られているステッカーが上手くはがれないものは、リサイクルにまわしています。

ステッカーが上手にはがれた時や、きれいな色・形のものは捨てずにちょっと手を加えて再利用して楽しんでいます。

とっても簡単にできる、空き瓶を使った「花瓶」の作り方をご紹介しましょう。

 

■材料は家にあるものだけでOK!だから、ほぼ0円でできちゃう!

  1. 空き瓶
  2. 工作用ののり、もしくは木工用ボンド
  3. 好きな色の毛糸、もしくはひも

この3つがあれば、5分もかからず簡単に花瓶ができてしまいます。

今回著者が使用したのは、茶色、クリーム、白の3色がミックスされた細めの毛糸です。

 

■毛糸をぐるぐる巻いていくだけで完成

まず大まかに毛糸をまく位置を決めたら、どんな感じで毛糸を巻いていくか、練習してみましょう。

その後でのりを瓶につけます。不安な方は一度に全部つけずに、少しずつつけていきましょう。

次に毛糸を巻いていきます。

ここでのポイントは左手で瓶を回していくことです。

瓶の底を軸にして左手を回し、右手の指を使って隙間が空かないようにギュッ、ギュッと押していきます。

巻くときはきつめに巻くのももう一つの大切なポイントです。

 

■好きな色、好きなスタイルで作れるから、アレンジは無限大!

次に、ひもを使ったバージョンもご紹介しますね。

こちらジュースの空き瓶に、青や黄色のカラフルなひもとシックなグリーンのひもを一緒に巻いてみました。

プロセスは同じですが、こちら毛糸よりはかなり巻きやすかったです。

ひもが短かったこともあり、ラフな感じで巻いてみましたが、かえっていい感じに仕上がりました。

もう一つは毛糸を使ったのと同じ空き瓶で、シックなグリーンのひもだけを巻いてみました。

太目のひもということもあり、たった2、3分で完成!

リサイクルされるはずの空き瓶が、どんなお花にも合いそうな花瓶に生まれ変わりました。

 

■メキシコでは道端で調達、が当たり前!?

家の中に花があるだけで、気持ちがこんなにも変わるものかと思うくらい、花って、癒しやエネルギーをもらえますよね。

メキシコでは土地柄、道端に可愛らしい花が生えていることので、花はいつも道端で調達しています(笑)。

こちらでは皆していることなので著者もすぐ慣れっこになってしまいました。

もうすぐ、春です。

皆さんもぜひ手作りの花瓶に、お気に入りの花を飾ってみてはいかがでしょうか?