夏から秋へ!「クローゼットをスッキリ」させる3つのポイントとは

20150901ohki1

夏の暑さもどこへやら。

気が付けばウィンドウには秋冬のファッションが並んでいる今、クローゼットも夏から秋へとシフトチェンジさせるよいタイミングです。

夏物をしまって冬物を出して……って何も考えずにやっているあなた、ちょっと待って! ほんの少し洋服と向き合うことで、クローゼットをスッキリ整えることができちゃうんですよ!

夏から秋へのクローゼットチェンジをするときに必要なチェックポイントを3つ、教えちゃいますね!

 

■1:この夏「結局着なかった洋服」はありませんか?

「そういえばこんなの持ってたな。」

ハンガーにかけてあったり、引き出しに入っていたりはしたけれど、結局この夏着なかったという洋服はありませんか?

あったとしたら、なぜ着なかったのか考えてみましょう。流行遅れ? サイズが合わなくなった? 色が似合わなくなった?

理由がわかれば、残すか処分するかすぐ決めることができますよ。それでも残そうと決めたものだけ、しまってくださいね。

 

■2:「経年劣化」していませんか?

20150901ohki2

何度も洗濯をしたり、ギラギラ太陽の下で干したりと、洋服にとっても夏は過酷な環境です。

洗濯を繰り返した分、首もとや袖口がよれたり伸びたりしていませんか? 色があせたりくすんだりしていませんか?

経年劣化した洋服は疲れた印象を生んでしまいます。くたびれたお洋服にはありがとうの気持ちを込めてサヨナラしましょう。

 

■3:久しぶりに見る「秋冬服の状態」はどうですか?

しばらく見ていなかった秋冬物の洋服。久しぶりに手に取った時にまた着たいと思いましたか?

とりあえず保管していたという洋服があったなら、いまいちど見直すのは今のタイミングです!

やっぱり着ないなと思ったら処分するもよし、活用できそうだなと思ったらキレイにスタンバイしてあげましょう!

ニット類は毛羽立ちや虫食いが気になるところ。状態をよく確認し、本格的な秋冬シーズンに入る前にお手入れをするなり買い直すなりの判断をしておきましょう。

 

洋服は消耗品です。また流行や年齢に合わせて似合うシルエットや色も変わってくるもの。

クローゼットは常に変化していくものなのです!季節ごとに見直して、使いやすいクローゼットを目指しましょうね。