自分でも分かる!「シロアリ危険度」セルフチェックポイント6つ

 

家の大敵「シロアリ」。

我が家は大丈夫?と心配になったら、6つのチェックポイントを確認してみて。

1つでも心当たりがあれば、要注意です!

 

■1:家の近くで「羽アリ」を見た

【閲覧注意】画像クリックでモザイクが取れます

4月から6月にかけての雨上がり、「シロアリ(ヤマトシロアリ)」は“黒い”羽アリとなって大量に飛び立ちます。

黒い羽アリが飛び出つのは、シロアリの巣(コロニー)がある程度大きくなった証拠。風に乗れば、1kmほど飛翔する場合も。

近所から1件シロアリ被害が出たのを皮切りに、次々に周りの家が被害にあったというケースもあるそう。

近くの家や公園、もしかしたら我が家に大きなシロアリの巣があるかも……。

 

■2:庭に雨ざらしの廃材がある

freeangle / PIXTA

シロアリは、湿った木が大好き。目が退化しているシロアリは嗅覚に優れ、湿った柔らかい木の独特の匂いに敏感です。

庭の廃材の匂いに釣られてやってきたシロアリは、外壁のクラック(ヒビ)やコンクリートの隙間から家の中に入り込みます。

 

■3:柱をたたくと空洞音がする

柱をコンコンと叩いてみて、響くような空洞音がする場合は要注意。

もしかしたら、中がシロアリに食べられてスカスカになっているかもしれません。

特に、脱衣所と浴室の間の柱、キッチン周りなど、水に濡れやすい場所は要注意。なるべく床に近い方を叩いてみましょう。

また、床がふかふかする・ミシミシするといった異常も、床下がシロアリ被害に遭っている可能性があります。

 

■4:雨漏りや水漏れをしたことがある

masahero / PIXTA

過去に水漏れや雨漏りをしたことがある家は黄色信号。

その場所から木材が濡れ、柔らかい木を好むシロアリの餌食となっているかもしれません。

 

■5:外のコンクリート基礎に、地面から土で作られた道が延びている

「我が家はベタ基礎だから大丈夫」と安心するなかれ。

コンクリート基礎に写真のような“土の道”はできていませんか?

これは「蟻道」と呼ばれる、シロアリの通路。乾燥に弱いシロアリは、このように土でトンネルを作るのです。

写真のように「空中蟻道」を作る場合もあります。

 

■6:シロアリ防除を5年以上処理していない

実は、シロアリ防除剤の保証期間は最大で5年間

つまり、5年以上シロアリ対策をしていない家は、いつでもシロアリ「ウェルカム」状態というワケです。

新築だから大丈夫、と安心してはいけません。

中には新築3年目でシロアリ被害にあった例もあったそう。

被害に遭った後の修理は、修理費用も時に数百万円単位と、高額になりがち。大切なのは“定期的な予防”です。

 

■1つでも「Yes」があれば、要注意!

1つでも心当たりがあれば、要注意! かなり「シロアリ率」が高いと言えるでしょう。

そんな方は、プロの無料診断を受けてみて。

実際に床下などをくまなくチェックしてもらえますよ。

 

こちらではプロのシロアリ診断を受けてみた鈴木邸に密着。どんなチェックをしてみたのでしょうか?

 

 


Sponsored by 株式会社アサンテ