使って分かった!インスタで大人気「富士山ドリッパー」3つの良い点

おいしいカフェに行くのもいいけど、ゆっくり「おうちカフェ」を楽しむのも最高ですよね!

最近はおしゃれなコーヒーグッズも多く、味だけじゃなく道具にもこだわる方も増えてきました。

筆者もかっこいいアイテムを見つけると、つい気になってしまいます。

ドリッパーってどれも同じじゃない?と思っていましたが、いろいろな種類があるんです。

そんな中で、最近ヒットだったドリッパーを紹介したいと思います。

 

■富士山ドリッパー(MT. FUJI DRIPPER)

なんと、富士山の形をしたドリッパー、「MT.FUJI DRIPPER(マウント・フジ・ドリッパー)」(価格/2,750円・税別)。

この商品は、金物で有名な新潟県燕市で職人さんによって、一点一点丁寧に作られたものです。

シンプルなのに、粋でかっこいいですよね!

でも、オシャレなだけじゃなく、オススメポイントがいっぱいあるんです。

筆者が実際に使って感じた、そのポイントを3つご紹介したいと思います。

 

■ポイント1:収納もラクラク!コンパクトで省スペース!

一般的なドリッパー(左)と比べると、一回りコンパクトな作りです。

ドリッパーって意外と場所を取りますが、これならスッキリ収納できそうですよね。

とっても軽いので収納はフックなどに引っ掛けておくだけでもOK!

また、ただ引っ掛けるだけで絵になるという嬉しいおまけつきです!

 

■ポイント2:どんなサーバーにも、ぴったりフィット!

シンプルな円錐形なので、どんなサーバーにもぴったりフィットするんです。

最近人気のビーカーなどにもぴったり。

こだわり派の方ならコーヒースタンドを使うのもいいですね。

持ち手部分は熱くならないので、手で持ったままでも使えます。

そのためカップにそのままドリップしてもOK!

一見ぐらつきそうに見えますが、接する部分が多いのでちゃんと安定してくれます。

市販の円錐形のフィルターを使ってドリップしていきます。

コーヒーは側面からは漏れ出さず、下の先端からしか出ないので安心してください。

使用後は洗い物も少なくて済みますし、後片付けという点でも助かりますね!

 

■ポイント3:軽量なので、アウトドアにもぴったり!

可愛いパッケージのイラストを見てもわかるように、アウトドアにもオススメです。

キャンプや登山はできるだけ荷物は少なく、軽くしたいですよね!

こちらのドリッパーは軽量なので安心です。

しかも、このドリッパーは丈夫なので、ちょっとやそっとじゃビクともしないので気を使わずに済みます。

シンジ / PIXTA

大自然の中で淹れるコーヒーは最高に美味しいはず! アウトドアのお供にいかがでしょうか?

 

これからドリップコーヒーを始めようと思ってる方も、もっと手軽に楽しみたい方も、収納に困ってる方も、ワンランクアップしたアウトドアを楽しみたい方にも。

これは使ってみる価値ありです!プレゼントにも喜ばれそうですね。

ぜひお試しください!