もっと楽したい!イマドキ主婦の「ストレスフリー」な掃除タイミング4つ

elise / PIXTA

日々の掃除って「けっこう面倒臭いな~」と思いませんか?

働くお母さんの場合、仕事を終えてやっと家に帰ってきても、家族全員の洗濯、食事の準備などに追われます。

さらに、子どもの世話まであるなんて……!

主婦の忙しさというのは、もはや言い表すことができないほどです。

できることなら、勝手に片付いて欲しいものですが……、家族に対してそれを望んだところで、こればっかりは不可能というもの。

毎日忙しく働く世の主婦たちが、もっと気軽に、ラクに掃除をする工夫はないものでしょうか?

ということで、主婦たちの掃除アイディアをリサーチしてみました!

 

■アイディアその1:「シングル1曲分」を目安に掃除する!

・美恵子さん(35歳)の場合

xiangtao / PIXTA

「好きなアーティストのシングル曲を目安にして掃除をしています。

そうすれば一部屋ごとの時間もそこまでかからないし、大掃除でもない限り、掃除機をかけるくらいならその程度の時間配分でじゅうぶんだと思います」

シングル曲は、1曲約3分程度で構成されています。

たしかに、ひと部屋3分程度の掃除時間で良いのなら、そこまで苦痛にならなそうですね!

それに、好きな曲をかけながら掃除をすれば、楽しい気分になりますから、自然にモチベーションも上がりそう。

 

■アイディアその2:「スキマ時間」を活用する!

・明美さん(29歳)の場合

Graphs / PIXTA

「テレビのCMの時間帯は、もっぱら掃除時間にあてています。

テーブルを拭いたり、コップを洗ったり、すぐに終えることができる簡単な掃除をその間にしています」

お目当ての番組が始まってしまっては元も子もありませんから、テレビの側から離れずに済むようにテレビ周辺を掃除するようにするといいかもしれませんね。

テレビボードまわりのホコリ取りなどもオススメです。

 

■アイディアその3:曜日を決めて掃除する!

・美波さん(28歳)の場合

mits / PIXTA

「洗面台とかトイレとか、毎日やりたくないところは曜日を決めて掃除する」というのもひとつの手。

毎日やりたくない(やらなくてもいい)ところの掃除は、日々の掃除に+αとして加えるというのも良いアイディアだと思います。

これなら負担も最小限にとどめられますね。

 

■アイディアその4・ゴミ収集の前日を狙う!

・真琴さん(34歳)の場合

ナオ / PIXTA

「ゴミ収集の前日に、掃除をします。

うちの地区では燃えるゴミの収集日が週3回あるので、掃除もそれに合わせて週3回しかしていません」

ゴミ収集の前日に集中して掃除をし、溜まったゴミは翌朝捨てるということですね。

これはたしかに効率的! ゴミを溜め込んで持っているというのも場所をふさぎますから。

 

少しの工夫で、掃除に対する意識やモチベーションも変わりそうです。

ぜひこれらのアイディアを取り入れ、少しでも家事がなるように工夫してみてはいかがでしょうか。