片付かないのは子どものせいじゃなかった!? 「おもちゃ収納」3大NGとは?

 

小さなお子さんのいるお宅にとって、「おもちゃ収納」はいつも悩みの種。

子どもの成長につれて、自分自身で片付けてほしい!と願っても、なかなか思い通りには行きませんよね。

「たったの数年間の我慢……」と、半ばあきらめている方もいるのではないでしょうか?

でもそれは、おもちゃの問題でも、お子さんの問題でもなく、収納方法の問題かも!

子どもにとっての「収納3大NG」って、ご存じでしょうか? 今回は、それついてお話したいと思います。

皆さん、大人目線ではなくお子さんの目線に立って、もう1度しっかり考えてみませんか?

 

■NG1:おもちゃを詰め込みすぎて、子どもにとってケースが重すぎ!

まずケースなどにまとめて入れている場合、お子さんが一人で運べる「重さ」でしょうか?

大人には余裕の重さでも、子どもにとってはかなりの重労働かも……。

お子さんの小さな手には、大きな箱や大きな取っ手は持ちにくいですよね。

また、運ぶのが大変なだけでなく危険も伴うので、見直しが必要です。

カゴなどを使った「投げ込む収納」は、いちばん簡単でお子さんにもオススメですが、肝心なのは収納用品のサイズと重さ。

おもちゃを入れすぎると重くて運べませんし、何が入っているのかすらわからなくなります。

大きなもの1つより、小さなものをいくつかにしてあげた方が、運びやすいですし、分類もできて一石二鳥ですよ。

まずはお子さんが一人で運べるか、元に戻せるかを確認してあげてくださいね。

 

■NG2:おもちゃの位置が子どもにとって「高すぎ」or「低すぎ」!

重さの次に見てほしいのが、「高さ」の問題。

大人がラクに置ける高さも、子どもの目線ではものすごく高く感じるかもしれません。

そんな風に手の届きにくい高さだと、片付けるのが面倒なのは当然ですよね。

また、お子さんに「あれとって〜!」と声を掛けられることが多くありませんか?

それも収納場所が高すぎる証拠。

たまにならいいのですが、よく遊ぶものならもっと低い場所に置くなどの見直しが必要です。

一方で、低すぎるのも問題です。

覗きこまないと見えないような場所はキャスター付きのカゴを使ったり、引き出しにして奥のものまで見えるようにすると使いやすいです。

これも、子どもの目線に立って確認することが大事です。

棚の上などは意外と見えないことに気づかされるかも!

 

■NG3:おもちゃの「分類ルール」が細かすぎ!

3つめは、おもちゃ収納の「分類ルール」が細かすぎて、お子さんがそのルールが把握しきれていないこと。

「元に戻す」ということは、大人にとっては簡単でも、子どもにとってはかなりのハードルかもしれません。

おもちゃひとつひとつの位置が細かく決まっていたりして、あまりに細かいルールだとそれ自体がストレスになります。

「いつも元に戻してくれない……」とお悩みなら、年齢的にまだ少し早いのかもしれませんね。

自分で管理できる年齢になるまで、もう少し待ってあげてください。

 

いかがでしかた?

皆さんのお宅では、「3大NG収納」になっていませんでしたか?

もし心当たりがあっても大丈夫! まずは気づいて改善していくことが大切です。

また最初から多くを望まず、おもちゃ箱に入ってたらOK!くらいの寛大な気持ちでいることも大切ですね。

お子さんも確実に成長していきます。お片付けに対してマイナスイメージを持たせず、少しずつステップアップしていけたらいいですね。

いまできることから見直してみてください。