目指せ「電気代ダイエット」!規則正しい生活だけで月5,000円の電気代カットに成功

 

SoutaBank / PIXTA

電気代25%削減を目指し、半年計画で始めた「電気代ダイエット」。

節電活動を始めてから2回目の請求が、電力会社から送られてきました。

昨年3月が1万8,847円だったのに対し

今年3月は1万3,360円に! 5,487円!の節約です。

開始からたった2か月で「電気代29%削減」を実現できた、我が家の節電活動についてまとめてみました。

 

※ 【目指せ「電気代ダイエット」!】これまでの記事を見てみる

 

■ガマンも辛抱も必要なし!規則正しい生活を送るだけでOK

はる / PIXTA

コツコツと地味な節電に励んだわけでもないし、画期的な節電方法を編み出したわけでもないのに、2カ月で電気代29%削減に成功した我が家。

なぜこんなに電気代を節約できたのか。

実は「2つの答え」が出ています。

  1. 賢い電気の使い方を知ったこと
  2. 規則正しい生活をしたこと

そして、これまで節電できなかった理由も明らかになりました。それは……、

「筆者のものぐさな性格」、これにつきるのです。猛反省!

ではこの「2つの答え」について詳しく見ていきましょう。

 

■適当な電気の使い方はダメ!決まった時間に家事をするだけでも効果大!

我が家ではどれだけ電気を使っているのか。

それをひも解くことから始めた節電活動。

電力を見える化できる「節電モニター」は、わが家の節電に大いに貢献してくれました。

電気を使うとすぐさま電気使用量を表示してくれるモニターは、いま電力を使っているという感覚を、リアルに感じさせてくれます。

掃除機を例にあげると、スイッチを入れた瞬間は「強」なので、何気なしにそのまま使っていた筆者。

sasaki106 / PIXTA

これを「弱」にするだけで、電気使用量が半分以下で使用できることを知りました。

フローリングの我が家は「弱」でも充分きれいになります。

テレビも同様、画面の明るさを落とすだけで、テレビの電気代が半分に!

tarczas / PIXTA

画面の暗さも、いまだに家族にバレていませんので、テレビに対する意識など、所詮この程度だったのです。

そして家事をする時間帯を、電気料金の安い早朝に移行すること。

そうすることで、さらに電気代が3分の1になって、さらにおトクになりました。

今回の電気料金は、これまでの冬季間の中で最も安く、年間を通しても「格安水準」の料金です。

家計の節約では、固定料金を見直すことが節約の近道といいますが、節電でも同じことがいえました。

  • 使わないコンセントは抜く(待機電力削減)
  • 冷蔵庫の冷却メモリを下げる
  • 温水器の必要水量を下げる
  • シャワーの節水

など、常時使う電力量をあらかじめ下げておくことで、月全体の電気料金を一気に削減できました。

 

■節電生活で、日常にメリハリが生まれる相乗効果も!

IYO / PIXTA

さらに、家事を朝に行うだけで、期待していなかった「3つの効果」が表れたので、ここでご報告いたします。

  1. 家事を頑張ってる母親を、子どものいる時間に見せつけられる
  2. 面倒な家事を先に済ませることで、その後の気持ちにゆとりが生まれる
  3. 朝から体を動かすことで血の巡りが良くなり、日中に頭が良く働く(本人の感想です)

「早起きは三文の得」と言いますが、大いに納得できました。

 

Graphs / PIXTA

いかがでしたか?

我が家が今、最も恐れているのは「リバウンド」。

節約意識が体にしっかりと定着していれば良いのですが、「意識が薄いな」と感じることもしばしば。

思わぬ誘惑に負けずに、「継続は力なり」の精神で、これからも続けていきたいと思います。

節電を意識し始めた、そこのあなた!

おトクでメリハリが生まれる「節電活動」、一緒に頑張ってみませんか?