100均アイテムが使える!「海で拾った貝殻」で作るインテリアアイディア

start08 / PIXTA

start08 / PIXTA

楽しかった夏も終わり、夏の思い出がたくさん集まったという人も多いのでは?

海に遊びに行ったという方もいらっしゃると思います。

浜辺で子どもが見つけた、きれいな貝殻。

そんな貝殻を使って、インテリアアイテムを作ってみませんか?

 

■貝殻に「穴」を開けよう

Chayatorn Laorattanavech / shutterstock

Chayatorn Laorattanavech / shutterstock

貝殻は、グルーガンでフォトフレームに接着をする、コームにつけてアクセサリーにするなどクラフトとしての活用方法も様々です。

貼るだけではなく、もし穴をあけることが出来たらアクセサリーやガーランドなど、さらに幅が広がると思いませんか?

しかし、案外むずかしいのが、“貝殻に穴を空ける”方法。せっかくの綺麗な貝殻ですから、割らずに穴を開けたいですよね。

そこで今回は、貝殻に穴をあける方法をご紹介しましょう。

 

■100均で手に入る「電動ルーター」

100円ショップでも手に入る乾電池式の電動ルーター。これがあれば固い貝にきれいな穴をあけることができます。

IMG_1753

ピンバイスや電動ドリルで穴をあける方法もありますが、ピンバイスは手動なのでとても時間がかかります。

100円ショップで販売されていますが、筆者が購入した時はガラス用ビットが1本付属して600円でした。

IMG_1755

貝が傷つかないように、押し付けて割れないように布などクッション性のあるものを下にひきましょう。そしてじっくりゆっくり押し付けないようにあけていきます。

削る時に少し水をつけると穴があけやすくなります。本体にかからないように注意してくださいね。

100円ショップの電動ルーターは5分以上使えないので連続使用はしないようにしてください。

何個も穴をあける場合は使用時間の長いホームセンターで手に入る電動ルーターを購入した方が便利です。

IMG_1756

電動ドリルを持っている方は、押し付けないようにガラス用ドリルでゆっくりあけてください。押し付けてしまうと割れる可能性があります。たくさん穴をあけたい場合は一番速い方法です。

 

■貝殻でできるインテリアアイディア

貝殻に「穴」をあけることができれば、アレンジの幅も広がります。

kim / PIXTA(

kim / PIXTA

コードと電球で、間接照明を作ったり……。

Olga Mishyna / shutterstock

Olga Mishyna / shutterstock

ガーランドにしてもいいですね。

人気の西海岸スタイルのインテリアにもバッチリです。

 

いかがでしたか? 夏の思い出をそのまま取っておくだけでなく、インテリアにも活かしてみませんか?

【関連記事】
オシャレな夫婦って、どんな家に住んでるの?お宅訪問![Sponserd]
100均に売ってある「滑り止めシート」実は…超万能アイテムだって知ってた?
タニタ食堂までついてくる!? 今増えている「◯◯付き」の家5選