片付けが苦手な人には3タイプあった!? 「捨てベタ」を克服できる最強の方法

 

mits / PIXTA

モノの片付けが苦手という人は、「捨てベタ」なのだということにお気づきでしょうか。

一口に「モノを捨てられない」と言っても、「捨てられない理由」は人それぞれ。

整理収納アドバイザー&お片付づけコンシェルジュの中山真由美さんは著書『捨てられずにいる不要品の「捨てどき」がわかる本』(扶桑社刊)の中で、「捨てベタ」を3タイプに分け、それぞれに合った解決方法を提案しています。

さて、あなたはどのタイプの捨てベタなのでしょう?

早速、「捨てベタ」タイプチェックリストを見ていきましょう!

 

■おそろしいほど自分のクセが分かる!「捨てベタ3タイプ」はコレ

中山さんの著書『捨てられずにいる不要品の「捨てどき」がわかる本』の中には、3つのタイプの捨てベタが紹介されています。

まずは、以下の項目を見て、あてはまるモノをチェックしてみてください。

RTIS&008 / PIXTA

Graphs / PIXTA

【買う&もらう好きタイプ】

  • ブランド物、流行モノ、便利グッズなど、好きでつい買ってしまうモノがある
  • 買ったまま、タグ付きで着ていない衣類がある
  • ポケットティッシュ、ホテルのアメニティなど、タダのモノはとりあえずもらう
  • 大型量販店が好きで、つい日用品や雑貨などをたくさん買ってしまう
  • セールに行くと、買わずにはいられない。おトク感に弱い

 

ニングル / PIXTA

【何でももったいないタイプ】

  • 映画や旅行に行ったときのパンフレットやチケットをとってある
  • 高かったモノは、なかなか手放せない
  • 「なにかに使える」「いつか使える」と思って、とっておくモノが多い
  • 捨てることに罪悪感がある
  • 人からもらったモノは、使わないのに捨てられない

 

くぅ / PIXTA

【たくさんないと不安タイプ】

  • 収納スペースには余裕がない
  • ストックは多めにないと不安
  • 外出時、ほかの人より持ち物が多い
  • 似たような色やデザインの衣類を複数持っている
  • 買い物袋、紙袋をたくさん保管している

 

一番多くチェックが付いたのが、あなたのタイプです。

中山さん曰く、「チェック項目の多いタイプが1つでなく、いくつもある複合タイプはさらに重症」とのこと。

「どうしよう、あてはまることばかり……」と思わず変な汗をかいてしまったという人、いませんか!?

でも、大丈夫です!

そんな人のために、解決方法をご紹介していきます。

 

■「捨てベタ3タイプ」の傾向と対策とは?

「捨てベタ」には3つのタイプがあることが分かりましたが、それぞれの傾向と対策を知っておくと、むやみにモノを増やしたり、溜め込むことを減らせます。

タイプ別にその傾向と対策をみていきましょう。

Graphs / PIXTA

まずは、「買う&もらう好き」タイプの人から。

このタイプは、買ったり、もらう前に「これは本当に必要なモノ?」と確認するクセをつけることが大事なのだそうです。

「使わないモノは、タダでも断る勇気をもちましょう」と、中山さん。

 

HiroS_photo / PIXTA

次に「何でももったいない」タイプ。

こちらは、「いつか」「なにかに使えるかも」というタラレバ思考の捨てベタになります。

中山さんは「いつか使うかもと考えるモノは8割使わない」と断言します。

「使わないモノのために、本当に必要なモノを使いこなせなくなることの方がもったいない」というメッセージをしっかり心に留めておきましょう。

 

sasaki106 / PIXTA

そして、最後は「たくさんないと不安」タイプです。

中山さんは「モノは多く持ちすぎるとかえって使いにくくなる」と指摘します。

「自分のライフスタイルとしっかり向き合って、必要なモノの数を把握しましょう」。

ストックをしっかり蓄えておくと便利な気もしますが、あまりに多すぎると本末転倒になってしまうんですね。

 

■モノを大切にしたいなら、まず「捨てる」ことから始めるべし!

cba / PIXTA

中山さんの著書には、こんな言葉が紹介されています。

捨てることが、モノを大切にすることにつながる」。

モノを溜め込む人は、一見、モノを大切にしているように思えます。

しかし、適正量を超え、管理しきれないほどのモノを持ってしまうと、個々のモノに目が行き届かなくなり、何がどこにあるのか分からなくなったり、収納スペースがいっぱいで使えなくなってしまったり、モノがホコリまみれで放置状態になってしまいます。

それでは結局、モノを粗末にしていることと同じなのかもしれません。

 

モノを捨てるには、決断や決別する意思が必要であり、ある意味でとても勇気のいることです。

実際、まだ使えるモノ、思い出の品、家族のモノ……など、捨てたいけど捨てられないモノ、本当に捨ててよいのか分からないモノなど、たくさんありますよね。

中山さんの著書『捨てられずにいる不要品の「捨てどき」がわかる本』には、そんなひとつひとつのモノの捨て方を個別で解説。

捨てベタを卒業するための教科書として、とっても頼りになります。

ぜひ参考にしてみてくださいね!

 

【参考】

 

 

 

 

 

※ 『捨てられずにいる不要品の「捨てどき」がわかる本』

※ 整理収納アドバイザー中山真由美オフィシャルブログ