キャンピングカーでGWは夜釣りに行こう!「釣りへの熱量」が少なくても楽しめる!?

「キャンピングカー」と聞いて、あなたはどのような使い道を思い浮かべますか?

キャンピングカーだから、「キャンプ」でしょ?と思った方、残念。

行楽シーズンに向けて、キャンプ以外にも使える、「動く家」の使い方をご紹介します。

 

■釣りと相性抜群!こんなキャンピングカーの使い方もアリ

アウトドア好きの中でも、釣りを楽しむという方、多いのではないでしょうか?

わが家でも、真冬以外は毎月出かけるほど、頻度が高いレジャーです。

実は「釣り」と「キャンピングカー」は、とっても相性が良いんですよ。

釣りに関して詳しくありませんが、なぜか深夜に出掛けたり、早朝に出掛けたりすることが多いのです。

なぜならその時間帯が良く釣れるらしく、「日中は全然釣れない!」なんて嘆く人もいるくらい。

家族のレジャーとして釣りに出かけたい場合、深夜や早朝に出発するなんて、ちょっと負担が大きすぎますよね。

ましてや小さな子どもがいる場合、たたき起こしていくわけにもいきません。

その点キャンピングカーの場合は、日中は家族で釣りを楽しんで、バーベキューコンロを囲み、家族の楽しい時間を過ごせます。

そして問題の深夜。

キャンピングカーで寝ていたい家族は起こさずに、行きたい人達だけでそっと釣りに出かけていただきます。

こうすることで、家族みんなのやりたいことを尊重し、それぞれが心ゆくまでレジャーを楽しむ事ができるのです。

キャンピングカーはまさに「動く家」ですから、駐車可能な場所があれば、リビングごと移動できちゃう車です。

柔軟な使い方ができるので、家族みんなの欲求を満たしてくれる、とても賢い車だと感じます。

 

■キャンピングカーは「時間つぶし」が得意な車

わが家が釣りへ出かける時は、決まって家族4人で出かけます。

釣りが大好きなのは、男性陣(主人と息子)。

女性陣(筆者と娘)はどうかというと、嫌いじゃないけど「大」が付くほど好きじゃない。

普通このような家族の場合、釣好きな男性陣を見送り、女性陣は家にいるというスタイルになると思います。

でも女性陣だって、休日は家族で出かけたいし、同じ時間を過ごしたいですよね。

しかし、釣りに行きたい気持ちも尊重してあげたい。

そうなると一緒に釣りに出掛けるわけですが、全然釣れないと……正直、退屈になってきます。

「ぜんぜん釣れないし、飽きてきたな~」

このあたりから釣り好きな男性陣と、そうでもない女性陣の「釣りへの熱量とこだわり」が分かれてきます。

こんな時です! キャンピングカーが本領を発揮するのは!

飽きてきた女性陣は、そそくさと車へもどり、思い思いの時間を過ごし始めます。

筆者は昼寝が大好きです。

潮の香りを感じながら、カモメの鳴き声を子守歌代わりに、グースカ夢の中へ突入します。

映画好きの娘は、寝ころびながら大量に借りてきたレンタルDVDを見るなどして、彼女なりに有意義な時間を過ごします。

普段のリビングの様子と大差がありません(笑)。

このようなに各々が自由な時間を過ごせば、我慢が少ないことから、誰からも文句が出てくることはありません。

過ごす時間だけでなく、キャンピングカーはキッチンを備えているため、釣れた魚をその場でさばき、刺身や揚げ物でいただける、というメリットもあります。

冷蔵庫も装備しているため、釣れた魚は下処理をして保存できるので、連泊の釣り旅行にも対応できます。

魚の群れを追いかけて、海岸沿いの移動を繰り返すこともしばしば。

多くのキャンピングカーには、濡れた道具を管理できる収納庫があります。

釣りだけではなく、海水浴やスキーなど、水濡れが心配なレジャーにはピッタリ!

 

いかがでしたか?

キャンピングカーは、住まいと同様、車にも過ごしやすさを求めている方にオススメの車なのです。