材料は“セリア”アイテムだけ!3工程でできるアンティーク「収納家具」の作り方

 

蚤の市やアンティークショップなどの片隅にひっそりあるような、年代を感じて味のある雑貨たち。

もし、ちょっとの工夫で、自分でつくることができたら…。すごく楽しいと思いませんか!

そこで今回は、簡単にできる小さなアンティークな家具の作り方をご紹介します。

 

■材料は、全部100均アイテムで大丈夫!

今回、作り方をご紹介するのは「引き出し収納家具」

材料は以下になります。

  • アンティーク風フォトフレーム 8枚
  • ブリキレクタングル 3つ(本体のみ。蓋は使いません)
  • お好みの取っ手
  • 強力接着剤

どれも100円ショップで購入できるもので、筆者はすべて「セリア」で入手しました。

 

こちらの「フォトフレーム」。既にとてもいい感じに“アンティーク風加工”がしてあります。

自分でペイントしなくても、そのままアンティーク風に使えます!

 

次にこちらのフレームとブリキの箱は、ご覧の通りおおむね同じサイズなのです。

こんなサイズぴったりのアイテムを探すといいでしょう。

 

強力瞬間接着剤も、100円ショップで売っていますよ。

10分ほどで乾いてくるので、とても便利です。

 

では、作り方をご紹介いたしましょう。

 

■工程1:「フレーム」の金具を外して、収納家具の土台を作る

まずは、フォトフレームの金具をすべて外します。

自宅にあるドライバーを使えば、簡単にできます。

フレーム8枚のうち4枚は、フレームに付いている裏板をそのまま接着します。

お好みでシートなどを貼ってみてください。

今回は、ビニールクロスの余った見本を貼りました(上の写真を参照)。

これで、棚板部分が完成です!

この段階では、フレームの残り4枚はそのままです。

 

■工程2:残した「フレーム」を4枚で、枠組みを作る!

裏板を貼らないでとっておいた4つのフレームを、2つずつをセットにして接着剤ではります。

これが、収納家具の枠組みになります。

 

できた棚板の一枚と、先ほど裏板を付けたフレームを接着します。

接着するときは、上下をさかさまにしてやりましょう。

上の写真で見えている棚板は、一番上のものになります。

この時、斜めになりやすいので、直角定規などで直角を見ながら貼りつけると、あとで失敗が少ないです。

 

一番上の棚板が接着できたら、ブリキの箱、余った裏板、次の棚板の順番でのせていきます。

この順番でのせることで、次の棚板を貼る位置を測らなくても決めることができます。

ちなみに裏板を挟むのは、ブリキの箱がぴったり過ぎて引き出せなくなるのを防ぐためです。

 

2段目、3段目、4段目も同じようにのせては接着、を繰り返していきます。

そして、ひっくり返すと上の写真のような形になります。

 

サブアイテムとして、こんなタイプの「はさむアイテム」もあります。

数百円で購入できて、接着の時にはとても役に立ちますよ!

 

取っ手は今回、「セリア」の小さなタイプを利用しました。

 

箱の取っ手を付けたい位置にキリや油性ペンなどでマークをつけたら、強力接着剤でくっつけるだけ。

これも、とくに難しいことはありませんよ。

 

■工程3:最後に「箱の取っ手」を接着すれば、あっという間に完成!

ペイント加工していないけれど、とても雰囲気のある仕上がりになりました。

こうしてキッチンカウンターの上に置けば、両面から使える便利な引出しになります。

 

引き出しにお気に入りのお茶などを入れたりするなど、テーブルコーディネートを素敵に演出してくれますよ。

 

いかがでしたか?

今回は3段引き出しの収納家具でしたが、同じ要領で作れば、2段にしたり、2列にしたり、好きなサイズに作れます。

ほぼ接着のみ、難しい工具などは一切使わないので、DIY初心者さんも気軽にトライしてみてくださいね。