ハンドクリームでノリ跡を除去?レトロ床を根性でレスキュー【再び…団地リノベ始めます!】

 

団地リノベ、その思い入れ故に亀の歩み?

梅が咲く頃に着手、桜が散るタイミングでようやく塗装を終えた団地。

※ 【再び…団地リノベ始めます!】今までの記事を見てみる

 

■ルーバー扉・硝子扉を素人が塗るのはかなり難易度高め!?

 

この連載でも書いた友人宅の素敵なドア類……

大工さんが取り付けたまではよかったのですが、塗装に手間のかかったこと!

マスキングテープを貼るだけで何時間も。

塗装2~3回塗り→マスキングテープの剥がしにいたるまで、想像以上に大変でした……。

ここで実体験から皆さんへ切実なアドバイス。

ルーバー扉・硝子扉を素人が塗るのは、難易度が高く、かなりの根気が必要とされるので、覚悟して挑んでください!

 

■今回のテーマは床の再生。でも、スタートは前途多難!?

クッションフロアやカーペットの下から現れた建築当初の床、50年を経てとても良い味わいが出ていますが、問題は壁の際などにある厄介な糊の跡を取り去ることでした。

使ったのは、どの家庭にも大抵あるハンドクリームです。

刷り込んで馴染ませます。

油分で柔らかくし、木製もしくはプラスチック製のヘラでこすれば、たいていは傷付けることなく取れるものなのですが……、

今回は非常に頑固!

そこで仕方なく金属ヘラを使いました。

これ、実はオーブントースターに付属していたキッチングッズです。

すると古い床の表面が、やはり剥がれてしまい傷だらけに!

再生は、もう諦めるしかないのでしょうか?

 

■試行錯誤を繰り返してようやく…

金属ヘラで糊を落とせても、その後の表面補修が必要です。

それ以前に、取る作業自体が相当の時間を要するとわかり、筆者も夫も正直、やる意味を失いかけました。

貸すとなると、新品の床の方が万人受けするという気持ちとの戦い。

でも、やっぱりこの味は捨てがたい!

上から貼るのはいつでも出来ること、再生に踏み切りました。

①傷は覚悟、とにかく糊を取る

ハンドクリームを使い切った後は、糊剥がしスプレーや、目の細かいサンドペーパーも総動員してこすり落としました。

4時間弱はかかったでしょうか。

②ステイン塗料で色を付ける

付いてしまった傷を素人が完全に修復するのは不可能です。

せめて目立たないようにと部分塗装します。

ところが最初に買った色は薄すぎてNG。

次に買った色でようやく色が合いました。

夫が塗ったその後、筆者が乾ききらないうちに布で拭き取るという連携プレー。

③全体にワックスをかける

塗装で補修した部分・していない部分に統一感を出すため水性ニスを塗布、艶を出してようやくの完成です。

 

■DIYでしか出来ないことがある

いかがでしたか?

多少のDIY経験があるはずだった筆者夫婦二人掛かりでさえ、この手間と迷走っぷり(苦笑)。

こんな作業は、とても他の誰かに頼めるものではありません。

及び、床がもとから傷も汚れもあるレトロなテクスチャーだったから出来たことなのは確か。

迷いや筋肉痛を経て、この床越しにケヤキの新緑を見る今となっては、爽やかな達成感しかありません(笑)。

気に入ってくれる人がいますように…!