「ティファール」の取っ手で「カインズ」格安フライパンが使えるって、ホント?

 

Graphs / PIXTA

「取っ手の取れる~ティファール!」でおなじみの「ティファール商品」を愛用して5年以上経つ筆者は、当時ティファ―ル10点セットを購入しました。

もう5年も愛用していると、フライパンの底や周りも傷や劣化が目立ち始めたので、そろそろ買い替えようと思っていました。

使い勝手も申し分なく、長年愛用しているので今回もティファールでもちろん探していました。

しかし、いろいろなお店で値段をチェックしたところ、やっぱりティファールは“〇点セット”という数点セットが多く、単品よりも数点セットのほうがお値段もお買い得になっているんですよね。

筆者は、数点セットすべて買い替えるほど、他のモノが劣化していないのでやっぱりフライパンだけ買い替えたい……。

そして、丈夫でまだまだ使えるティファールの取っ手をどうしても活かしたいと思い、

他のメーカーさんが出している、取っ手を外して使うフライパンシリーズを探し、ティファールの取っ手を活かせる商品をやっと見つけました!

 

■ティファールの「取っ手」とカインズホームの「フライパン」がこんなにマッチするなんて!

ティファールの取っ手+カインズのフライパン

 

上の写真のように、筆者が今まで愛用してきたティファールの「取っ手」を、カインズホームの「はずせるハンドルシリーズ」フライパンにくっつけてみたら……、カチッっとつけることができました!!

次に気になるのは、カインズのフライパンの使い心地……。

これまで使っていたフライパンが劣化して使い心地が悪くなっていたのですが、カインズのものに買い替えてからストレスなく、とっても快適にお料理ができています。

劣化したものだけを買い替えて、使えるモノをうまく活用できたことが、なにより嬉しかったです。

kuro3 / PIXTA

 

■徹底比較!ティファール「フライパン」とカインズの「はずせるハンドルシリーズ」

 

ちなみに、商品のバリエーションはティファールの方が多く、10点、9点、6点セットなどセット販売が多く、単品だとかなり割高。

一方のカインズホーム「はずせるハンドルシリーズ」は、セット販売は4点セットのみで単品は、お手頃価格で販売されています。

以下が、各社の定番アイテムの価格です。

■ティファール「フライパン26cm」3,399円(税込)

■カインズ「はずせるハンドルシリーズ」26cm/1,080円(税込)

2,319円も差がありました!!

これだったら、カインズのフライパンを使い回す方がお得かも?

でも、どちらの商品も品質的にも申し分なく、とても使いやすい商品であることは、間違いありません。

また、どちらのフライパンも上の写真のように取っ手が取り外せることで、収納する際もかさ張らず、キレイに重ねて収納できます。

 

いかがでしたか?

ティファ―ルの商品とカインズ商品の相性が良いことも分かったので、これからもますますキッチンで大活躍してもらおうと思います!

ぜひ、みなさんも試してみてくださいね!