洗濯や天日干しで「ダニ」は駆除できない!? ならば…ダニスプレーを試してみました!

 

buru / PIXTA

暑くなりだすと、急増してくる生物といえばダニ。

ダニは気温25度、湿度60%で爆発的に増殖を始めるそうです。

みなさんはダニ対策、どのようにしていますか?

TATSU / PIXTA

筆者は、マットなどはこまめに洗い、天日干しすればダニはいなくなると思っていました。

しかし以前、人気テレビ番組で、洗濯や天日干しをしてもダニは駆除できないという衝撃の事実を知ることに……。

そして、ダニの駆除方法として有効なのは、乾燥機の熱でダニを弱めて掃除機で吸うという方法でした。

でも、筆者の家には、乾燥機がありません。

そこで今回、乾燥機がなくても、ダニを駆除する方法を見つけたので、ご紹介します。

 

■「ダニスプレー」を使って駆除し、掃除機で吸うことで、繁殖しにくい環境に


筆者には1歳の子どもがいるのですが、アレルギーの原因はダニが一番多いそうで、アレルギーにならないためにもダニ対策は必要のようです。

ダニ対策で大事なのは、まずは駆除すること。

ダニ・アレルギーの専門家である白井秀治氏によれば、

「ダニを減らしていくポイントは、きちんと “ 駆除 ” をしてから死がいを “ 吸引 ” し、繁殖しにくい環境を作っていくことです。

防ダニスプレーで駆除してから掃除機で吸引をする方法はとても簡単なので継続しやすくておすすめですね」

とコメントしており、ダニスプレーも効果があるようです。

そこで筆者は、ダニスプレーで駆除する方法を選択しました。


  • <用意するもの>
  • 防ダニスプレー
  • 布団掃除機
  • ダニオフ ファブリックスプレー

まず、ダニスプレーをかけます。

かけたあとは、完全に乾くまで待ちます。

殺虫剤なので、小さいお子さんが薬剤をなめないように注意し、薬剤が乾くまで這わないように注意しましょう。

完全に乾いたのを確認し、掃除機をかけます。

これで、終了です。

繁殖予防効果は、1か月続くようなので、1か月経ったらまたスプレーするのが良さそうです。

しかし、筆者のようにまだ小さいお子さんがいるご家庭では、毎月殺虫剤を使うのは気が引けるところではあります。


なので、1か月後からはダニが好まない香りのエッセンシャルオイルがブレンドされたダニよけスプレーを1週間おきに使ってみることにました。

ダニが増殖する前に、対策しておくのがいいようですので、気になった方は乾燥機で駆除でもいいですし、スプレーで駆除するなど対策してみてはいかがでしょうか。

※今回、ご紹介した方法は個人的に試した方法ですので、各自ご判断の上お試し下さい。

 

【参考】

※ アース製薬 梅雨時期のダニ対策セミナーを開催 生きたダニは、水洗い・天日干しだけでは駆除しきれない!?

※ 正しいダニ対策を啓発する情報サイト「Danny」を本日よりオープン身近に潜む“ダニ”のいる生活を可視化した驚愕の動画も公開!

※ Danny

※ made of Organicsダニオフ ファブリックスプレー300ml