【横須賀暮らし、始めませんか?】2・お子さんもにっこり!「親子」で訪れたい横須賀オススメスポット

 

にぎやかな都会からちょっと離れて、自然とともに日々を送る。

そんな暮らしに惹かれるあなたに、ぜひオススメしたい町を見つけました。

神奈川県南東部、三浦半島にある横須賀市です。

引越しは、家族全員にとっての一大事。

とりわけ環境の変化にナイーブなお子さんにとっては、インパクトのある出来事に違いありません。

だからこそ、お子さんも「いいな」と思える町を選びたいですよね。

今回は親子で一緒に訪れたい、横須賀市内の見どころスポットをご紹介します。

 

■広大な園内で丸一日遊べる「長井海の手公園 ソレイユの丘」

緑豊かな園内は散策するだけでも気持ちがいい

市内中心部から車で約30分で到着する「長井海の手公園 ソレイユの丘」は、東京ドーム4個半分に及ぶ敷地面積をもつ、市内有数の体験型総合公園です。

「トマト収穫体験」の催行期間は12〜7月上旬

この公園の一番の魅力は、10以上ものバラエティ豊かなアクティビティ施設です。

全長730mのゴーカートコースや最大斜度18度の芝そりゲレンデといったアスレチック施設をはじめ、

屋根付きで雨天時も楽しめる「手ぶらBBQ」、ウサギやカピバラなどと遊べるほか乗馬体験まで楽しめる「ふれあい動物村」などさまざま。

園内を巡る「チューチュートレイン」(310円/1周。所要時間/約7分)

心ゆくまで遊んだ後は、太平洋を望める露天付きの温浴施設で、遊び疲れた身体をゆるりとほぐしましょう。

連休が取れそうなら、今春からオープンした三浦半島初の本格的な「オートキャンプ場」で、親子水入らずのひと時を過ごすのもいいですね。

アクティビティが中心なのでスニーカーを履いて訪れたい

【長井海の手公園 ソレイユの丘】

■住所 横須賀市長井4丁目地内

■電話 046-857-2500

■料金 入園料は無料(有料施設あり)

■HP https://www.seibu-la.co.jp/soleil/

 

■アートも絶景も満喫できる「横須賀美術館」

山本理顕氏が設計した瀟洒な建築

東京湾に面した観音崎にある「横須賀美術館」は、地元・三浦半島に縁のある画家たちの作品を中心に、日本の近現代美術を約5,000点所蔵しています。

美術の名匠や現代をときめく人気キャラクターなど、さまざまなテーマを扱う企画展は世代を超えて楽しめると評判です。

現在開催しているのは「デンマーク・デザイン展」(6月25日まで開催)

そしてもう一つ、ここに来たら忘れず楽しんでほしいのが、美術館周囲の景観。

建物周囲には青々とした芝生が、その先には東京湾が視界いっぱいに広がります。

屋上からの眺め

あいにく取材当日は曇り空でしたが、晴れた日には対岸に房総半島が望めるはずです。

建物の屋上には展望台もあり、三浦半島周辺の豊かな自然に、身も心もリフレッシュできるスポットです。

併設するテラス付きのイタリアンでは東京湾の魚介なども楽しめる

【横須賀美術館】

■住所 横須賀市鴨居4-1

■電話 046−845-1211

■料金 一般310円、中学生以下無料

■HP http://www.yokosuka-moa.jp

 

■「横須賀バイリンガルスクール」で多国籍な友達と過ごす平日

ビルの3階にある「横須賀バイリンガルスクール」

京浜急行の横須賀中央駅から歩いて5分足らずで到着する「横須賀バイリンガルスクール」は、1歳半から小学生までの国籍を超えたお子さんが集まる教室です。

保育や学童を担うほか、「キッズ英会話」クラスも開講しています。

教室内では英語も日本語もどちらもOK。英語を強制されていないから、子どもものびのびした様子

中に入ると、敷居で隔てられた各部屋から生徒さんと先生方の明るい声が聞こえてきました。

学習を始める乳児期から学校帰りの幼少期にかけて、保育や学童の施設で時を過ごす間じゅう、

多国籍の友人や言語に触れられるのは、お子さんにとって貴重な体験となることでしょう。

英語に耳慣れるだけでもリスニング能力などは格段に上がるといわれますが、その異文化にふれる密度の濃さは、横須賀ならではの醍醐味ともいえそうです。

先生も日本人、アメリカ人などさまざま

【横須賀バイリンガルスクール】

■住所 横須賀市大滝町2-6 ザ・タワー3階

■電話 0468-84-9367

■HP http://ybschool.jp

豊かな自然に日本有数のアート、プチ留学する感覚で通える学童施設がある横須賀は、子育てにはまさに理想的な環境。

あとはお子さんの気持ち次第です。

実際に足を運んだりHPを一緒に見るなどして、ぜひお子さんとお話ししてみてはいかがでしょうか。