使うのは100均の“フォトフレーム”と“セメント”だけ!3工程でできる「男前トレー」の作り方

 

「今回はオシャレなトレーの作り方をご紹介します!」

こう言うと、私なんかにできるのかしら? と思う方もいるかもしれません。

でも、低予算で、しかも簡単にできるんですよ。

では早速、質感のある「インダストリアルな男前トレー」を100均アイテム2つだけで作る方法をご紹介いたしましょう。

かっこいいインテリアにぴったりですよ!

 

■材料は100均の「フォトフレーム」だけ!

材料は、2L判用の少し大きめのフォトフレーム。

あまり組み合わせないと思われる材料で作ってみます。

 

■工程1:フレームの金具を全部取る!

まずは金具をすべて外します。

フレームを立てるための金具も、引っ張れば簡単にとれます。

 

■工程2:「裏板」を接着剤で貼り付ける!

次に接着剤で、「裏板」を貼ります。

この時、金具を抜いた跡を隠すため、板を裏返しにして貼り付けてください。

今度はマスキングテープで、周りを養生します。

 

■工程3:貼り付けた「裏板」にセメントを敷き詰める!

ここで、真打登場! それは「セメント」です。

筆者が大好きな質感です。

ダイソーにはいろんな種類のものが売られていますが、これは速乾タイプ。数時間でカチカチです。

キッチン用品のボウルに、粉と水を入れるだけでどんどん固まっていきますよ。

速乾タイプは、固まるのが速いので、もしスピードについていけなそうなら、普通のタイプのモノでも大丈夫です。

次に先ほど養生したフォトフレームに、ヘラでセメントを埋めていきます。

途中、とんとんとフォトフレーム自体を床に叩くようにすると、空気が抜けてある程度平らになっていきます。

最後は、ヘラできれいに平らにするだけ。

アッという間に埋まりました。こんな感じです。

セメントが乾く前に、マスキングテープを外します。

もしはみ出ているところがあったら、濡れたぼろ布やキッチンペーパーで拭きとってください。

あとは、このまま数時間、乾かしてください。

 

■製作時間はたった20分。アッという間に完成です!

武骨なイメージの「セメントトレー」のでき上がり。

アンティークなフレームにインしているので、はじがボロボロになったりせず、かっちりした印象がありますよね。

ホワイトグレーの色がとてもいい雰囲気に仕上がっています。

また、人気の転写シートを使うのもいいかもしれません。

こんな風にグリーンを飾ってもいいし、テーブルでお砂糖やミルクなどを置いてもOKですね。

小さなフレームで作ったら、かわいいウェイトにもなりそうです。

 

いかがでしたか?

製作時間はわずか20分、テクニックいらずで数時間乾かすだけ!

みなさんも、もしよければ作ってみてくださいね。