こんな失敗してない?選んではいけない「詰め替え容器」の失敗ポイント3つ!

 

キッチンで砂糖や塩を詰め替えたり、洗面所でシャンプーやハンドソープを詰め替えたり……。

詰め替え容器って意外と使っている人、多いと思います!

環境にもお財布にも優しい詰め替えですが、逆に詰め替ることが面倒くさくなり途中でやめちゃった!なんて人も。

それはもしかしたら詰め替え容器を選ぶ際、こんな失敗をしていたのかもしれません‼

 

■失敗ポイント1:大きさが合っていない

詰め替えたいものの量を調べず、見た目だけで詰め替え容器を選んでしまってはいませんか?

すべての量を詰め替えられないと、残ったものは別の場所で保管ということになります。

つまり同じアイテムを2箇所で管理することになってしまいます。

すると残量が把握できず、ストック品を2度買いしてしまう危険が!

また詰め替え容器が小さい場合、何度も詰め替え作業を繰り返すことになります。

これは手間がかかりますよね。面倒だと思うと詰め替えは長続きしませんよ!

結論:詰め替えたい量が全部入る大きさの容器を選んで詰め替えの手間を最小限にしよう!

 

■失敗ポイント2:開閉しづらい

使用頻度の高いものほど開け閉めの回数が多くなります。

これが大変だとやっぱり面倒くさくなっちゃうんですよね。

指を挟みやすい形状や、固くて開け閉めがしにくいいものなどは要注意。

ワンタッチやワンプッシュで手間なく開閉できるものを選ぶだけで日々の作業がグンとラクになりますよ!

結論:開け閉めのラクな容器を選んで負担を減らそう!

 

■残念ポイント3:お手入れしにくい

その詰め替え容器、奥まで難なく洗えていますか?

詰め替え容器を選ぶ際、特に注意したいのがお手入れのしやすさです。

容器の奥まできれいに洗うことができるかどうか、きちんと確認してから購入するようにしましょう。

特に衛生面に気をつけたいのが食料品の詰め替え。分解して隅々まで洗えるかどうかも詰め替え容器選びのポイントとなりますよ。

お手入れしにくい容器は口が小さな場合が多いもの。こういった形は詰め替え作業も大変なので避けましょう。

結論:隅々までキレイに洗える容器容器を選べば気分良く使えます!

 

いかがでしたか。

お気に入りの詰め替え容器で揃えれば、統一感が出て見た目にも美しい収納になります。

詰め替え品は容量が多かったり価格が低かったりするのも魅力!ゴミの量を減らすことにも繋がりますよ!

納得のいく詰め替え容器を見つけて、少しでも日々の家事の負担を減らせたら嬉しいですね!