ピクニックグッズ、カトラリーもOK!無印「スチール工具箱」を使った収納術3つ

 

どんなインテリアにも馴染むシンプルな収納グッズで人気の無印良品。

ポリプロピレンやワイヤーなど様々な素材のものがあります。

そんな無印良品の中でちょっと男前なスチール素材の収納グッズがあるんです。

その名も「スチール工具箱」

工具箱って名前もなんだかカッコいい! そう思ってしまいます。

大きさは全部で4種類。

今回は、そんなスチール工具箱を使った収納術3つをご紹介します。

 

■収納術1:まずは、用途通り「工具」を入れてみる

工具箱と聞いてまずこれを収納しよう!と思ったのが“電動ドライバー”です。

どこにでも持ち運べる持ち手付きは、「スチール工具箱4」を使っています。

重量は10kgまで耐えられるので、重たい電動ドライバーも安心して収納できます。

シンプルで真っ白フォルムなので、オープン棚などの見える場所に収納しても悪目立ちせず、スッキリ収納できます。

 

■収納術2:「ピクニックグッズ」をまとめて収納!

少し大きめの「スチール工具箱3」に収納しているのは「ピクニックグッズ」。

ピクニックといっても、我が家では休日に公園ランチをする程度です。

その時、このまま持っていけるようにプラスチックのスプーンやフォーク、コップなどをまとめて収納しています。

ちょっと遠くの公園までは車で行くことが多いので、少々の重さは問題ありません。

また普段は、キッチン横の棚に平置きして収納しているので、お出かけしたいときにはさっと取り出せて便利です。

 

■収納術3:「カトラリーケース」としてもぴったり!

「スチール工具箱1」は、小ぶりなサイズ。

そんな小さなサイズを生かして、我が家では食事やお茶の時間に使うぶんだけの「カトラリー」を入れて食卓に出しています。

“ペーパーナプキン”も一緒にセットするととっても便利ですよ。

また、子どもたちにお手伝いしてもらうときにも、

「ここに必要な分を入れてテーブルに置いてね!」

といえば、人数と必要な本数を確認しながらお手伝いをしてくれます。

ちょっとした算数の勉強にもなるかも……(笑)。

 

今回ご紹介した無印良品の「スチール工具箱」は、いかがでしたか?

サイズも4サイズの中からご家庭の収納スペースに合わせて、いろいろなグッズをスッキリ収納できそうですね!

ぜひ、お試しいただけたら嬉しいです!

 

【スチール工具箱1】
■サイズ 幅 約20cm×奥行 約11cm×高さ 約6cm
■耐荷重 1.5kg
■素材 スチール製
■積み重ね許容段数 3段
■価格 1,200円(税込)

【スチール工具箱2】
■サイズ 幅 約16cm×奥行 約11cm×高さ 約6cm
■耐荷重 1.5kg
■素材 スチール製
■積み重ね許容段数 3段
■価格 1,000円(税込)

【スチール工具箱3】
■サイズ 幅 約38cm×奥行 約23cm×高さ 約10cm
■耐荷重 10kg
■素材 スチール製
■積み重ね許容段数 2段
■価格 2,900円(税込)

【スチール工具箱4】
■サイズ 幅 約38cm×奥行 約18cm×高さ 約13㎝
■耐荷重 10kg
■素材 スチール製
■価格 2,500円(税込)

 

【参考】

※ 無印良品