クリーニング代が3,000円以上節約浮く!? 自宅で簡単に「はっ水加工」ができるって本当?

お洗濯の強い味方、クリーニング店。どんなときに利用していますか?

わが家では

・ワイシャツ(ハンガー仕上げ)
・ダウンなど洗濯で絶対に失敗したくないもの

でしょうか?

同時に店員さんに強くおすすめされるのが、オプションの「はっ水加工」。

衣類によりますが、近くのお店では1点につき500円前後します。

これを自宅で簡単にできないものかと考え、ネット検索で見つけたのがニクワックス社の「強力はっ水剤」。

筆者が初めて「はっ水加工」にトライした様子をご紹介したいと思います。

 

■クリーニングはもったいないけど「はっ水」したい子ども用ジャンパーで挑戦してみた!

子どもたちが使用するジャンパー類は、型崩れなんておかまいなし。汚れるたびにジャブジャブ自宅でお洗濯します。

汚れはきれいに落ちるのですが、洗濯を繰り返すたびにはっ水性が失われるのを感じます。

買ってから1年たった息子のピステ(サッカーの練習時に着る防寒アイテム)。

霧吹きで水をかけてみました。

洗濯を繰り返したので、はっ水性はこんな感じ。水分がベターと生地にしみ込みます。

これまで防水スプレーも試しましたが、本当に効果があるのか、正直疑問でした。

繰り返し汚すトレーニングウエアなどは、雨の日もフル活用。特に強力な「はっ水性」がほしいですよね。

今回ネットで見つけたニクワックス社の「強力はっ水剤」を使ってみることに。(1,400円ほどで購入)

 

■プロセス1「普通に洗濯をする」

汚れをきれいに落とすことで、はっ水剤が付着しやすくなり、より効果が期待できます。

ニクワックス社の推奨の「洗濯用洗剤」もあるので、一緒に使うとより効果的だそうです。

 

■プロセス2「つけ置き10分」

この「強力はっ水剤」は、そのまま洗濯槽に入れて使えるようですが、ジャケットなら1着につき300ml(まるごと1本)も使うそう。

それはちょっともったいないので、付け置きの方法をとることにしました。

付け置きならば、6リットルに対して使うはっ水剤の量は50ml。

ボトルのキャップには計量のメモリがありませんが、キャップになみなみ入れるとちょうど50mlでした。

温水がより効果的とのことなので、温水に溶液を溶かします。

筆者は洗面台を使用しましたが、バケツやお風呂でもできそうです。

手荒れが気になる人はゴム手袋の着用をおすすめします。

手もきれいにはっ水されてしまいますから……。

 

■プロセス3「普通にすすぎと脱水」

つけ置きが完了した衣類を軽く絞り、洗濯機へ移動。普通のコースですすぎ(1回)と脱水をします。

 

■プロセス4「陰干し」

形を整えシワを伸ばした衣類を陰干しに。

 

■水玉がかわいすぎる!期待以上のはっ水効果!

さて、はっ水効果はどれほどなのか、さっそく霧吹きしてみました。

吹きかけた水がたちまちコロコロと水玉になって、しばらく置いても衣服に染みる様子がありません。

 

子どものジャンパー類を中心に、1本で10着のはっ水加工ができました。

衣類の劣化の状態も影響しますが、充分満足できる仕上がりでした。

クリーニング加工料が1着500円と考えれば、10着で5,000円分の効果です!

購入した「強力はっ水剤」は1,400円で購入したので、差し引き3,600円の節約です。

クリーニングでケチっていた「はっ水加工」が、自宅でこんな簡単にできるなんて!

皆様もぜひお試しください。