おすすめベスト3はIKEA、ダイソー、FLET’S。隠す収納の強い味方「インデックスシール」使いこなし術

 

筆者自宅

筆者の家には、仕事柄多くの収納に悩む方がいらっしゃいます。

いらした方から、自宅を見て驚きや感嘆の声をいただくと素直に嬉しいものです。

やはり共通して言えるのはシンプルに、きれいに、すっきり、そして使いやすくしたい、という希望をお持ちの方が多いようです。

ダイソーやIKEA、無印良品、ニトリなどの収納ボックスを場所によって使い分けてすっきり収納させている方も多いと思いますが、

それらにプラスすることで使いやすさををぐんと上げてくれるのが「インデックスシール」です。

そこで今回は、中に何が入っているかわかるだけでなく、収納空間をグッとオシャレに、気分を上げてくれる「インデックスシール」をご紹介したいと思います。

 

おすすめ1・大きいサイズで判別しやすい!「IKEA」インデックスシール

筆者自宅

IKEAのインデックスシール(価格/149円・税込)の特徴は、大きめのサイズです。

シンプルでありながら、視認性が高いデザインで、大きくても見た目を損なわないので、少し高い場所に置く場合にもストレスになりません。

また、インデックス部分が白抜きになっているシールも同封されているので、お子様のおもちゃの種類などを細かく書くこともできますね。

 

■おすすめ2・ダイソーはIKEAとテイストが近いからコーディネートしやすい!

筆者自宅のダイソー(右下)とIKEA(右上)のインデックスシール。

ダイソーのインデックスシールも最近登場しています。

IKEAのデザインとテイストが近いのですが、微妙にサイズが小さめです。

上の写真の左側の透明な筒収納と右上の収納ボックスはIKEAのインデックスシール、右下がダイソーのインデックスシールです。

書体とシールの大きさが微妙に違いますよね。

 

■おすすめ3・可愛いイラストで子どもにも分かりやすい!FLET’S(フレッツ)

筆者私物

100円ショップのFLET’S(フレッツ)のインデックスシールは可愛いイラストが特徴です。

ユニバーサルデザインなので、子どもでも分かりやすいのがいいですね。

また、大きいサイズと小さいサイズ、白地と黒地がセットになっているので、夫婦や兄弟2人までなら色で分けることもできます。

自由に書けるシールも用意されているので、カラーボックスの中をさらに細かく仕切る時など便利ですね。

 

いかがですか?

特に隠す収納の場合は、インデックスシールを上手に使うことで、使い勝手が良くなるだけでなく、見た目がすっきりおしゃれになります。

また今回紹介した市販のシールの他、インターネットで検索すると、個人で作っているものなど様々なタイプのものが見つかります。

お気に入りのデザインのものがあれば、自宅のプリンターでシール台紙に印刷して使えますので、ぜひ気分が上がるインデックスシールを見つけてみてくださいね!