“レゴ好きキッズ”のママ必見!スムーズにできて見た目も諦めない「レゴ収納」

 

年齢によって違う楽しみ方があり、幅広い年代から愛されている「レゴブロック」。

筆者の息子たちも幼少の頃からレゴにハマり、小学生になった今も必ず1日1度はレゴに触れる毎日です。

そんなレゴ大好き少年たちが、遊びやすくそして片付けやすいレゴ収納法を探し続けてはや数年……。

難易度が上がるごとに小さくなるレゴブロックに、あれどこ?ここの部品が見つからない!と、一緒に探す母にかかるストレスは溜まる一方。

筆者が実践している、細かいパーツや特殊パーツも多くなった時期にオススメの収納法をご紹介します。

 

■お片付けは次の遊びのために。無印良品でスッキリ収納を実現!

無印良品のユニットシェルフをレゴの飾り棚にしている筆者宅では、一番下の棚が主な収納場所になっています。

基本的には、取り出しやすくホコリがつく心配のいらない“引き出し式のケース”にほとんどを収納しています。

どこに何があるかをシール式のラベルで示してあげれば、作るときは最短で目的のパーツにたどり着くことができ、

お片付けのときも迷わずに元の場所に戻すことができています。

大きなものを作る時には、必要なパーツが入った引き出しを引っ張り出して並べれば、見つけやすく、散らばることなく作業することができるようです。

また、レゴ関連の本や、大き目の説明書などはファイルボックスに入れてブロックの近くに収納しています。

いまやすっかり定番となった無印良品「ファイルボックス」が、ここでも大活躍してくれています。

 

■色別ではなくパーツごとが使いやすい!と息子たちからのリクエストが…

見栄えも良いので今までは色別に分類していたのですが、

「色を考えて組み立てるよりも、パーツを探すことが多い」という息子たちの意見から、大小ともに各パーツでの収納を実践しています。

色味によってもざっくりと分けてはいますが、パーツ別に収納するようになってからは、より探しものが見つけやすくなったようです。

細かいパーツは100円ショップの工具ケースに入れ、ファイルボックスに立てて収納しています。

上に積み重ねていくと取り出しにくくなるものは、立ててしまえば問題解決!

バラけてしまってもファイルボックスの中で被害が最小限に止められますが、何かの拍子にフタが開いてしまわないように、くれぐれも気を付けてください!

 

■欲しいモノがすぐ手に届くお片づけ!インテリアにもなる優れもの

手の届きにくい一番上の棚には、登場回数が少ないものを置いています。

向かって左から、レゴの説明書を入れた収納ケース。

真ん中の大きな顔も、実は実用的な仕分けボックス。右端のブルーのケースはプログラミングセットです。

小学生にもなると大きな作品にもチャレンジするのですが、作品が大きいと説明書も大きく分厚くなります。

こちらの引き出しケースには、それ以外の小さめの説明書を収納しています。

オリジナルで作品を制作することも多くなり、説明書を見るのは最初の一回だけということも多いのですが、見返して制作するときのために保存しています。

 

こちらは収納に加えて、ブロックなどのふるい分けにも使えるボックス。

見た目のインパクトは間違いなく子ども部屋の主役になる大きさです。

内蔵された2種類の大きさの網目が、レゴを楽に分けてくれるのでパーツ別に片付けることが多くなった最近では出番が多くなっているようです。

 

■飛ぶ、踏む、蹴飛ばす、失くす…を解消してくれる夢のようなアイテムって?

リビングでレゴを広げると、必ずと言っていいほど、あちらこちらに飛ぶ、踏む、蹴飛ばす、失くす。

作っている途中だからと、一晩中そのままにされることもありました。

それらが少なくなったのは、こちらのプレイマットのおかげです。

遊び終わったら周りに通された紐を引っ張るとあっという間に片付き、そのまま子ども部屋へ。

大きなブロックを使う幼少時期から活躍し、レゴ以外のおもちゃでも活用できるお役立ちアイテムです。

 

■どうせならオシャレなものを。プレイマットはDIYもアリ!

海外から広まったと言われているプレイマット。

販売されているものは種類が豊富で、おしゃれな柄のものを選べば空間のアクセントもなり、インテリアにもひと役買ってくれています。

SNSなどを見ているとDIYする方も多いようで、子どもの好きな生地でお片づけを応援してあげるのも良さそうですね。

レゴ収納はレゴ好きキッズを持つお母さんたちの永遠のテーマ。

ネットでもたくさんの方法が紹介されていて筆者宅でもいろいろと試していますが、

今はいかにスムーズに制作できるかを重視し、でも見た目のインテリアも諦めない!が課題。

これからも遊び方に合わせて、さらに便利に、簡単に、美しくできる収納を探していこうと思います。