【家飲みをワンランクUPさせるレシピ】no.5「鮭のエスカベッシュ」

DSC_9351

子どもが小さかったりすると、なかなか外にお酒を飲みに行く、というのは難しいものですよね。

そんな時に大活躍するのが、“家飲み”。家飲みが楽しくなるのも、いつもの退屈な食卓になるのも“おつまみ”次第。

家飲みが楽しくなるようなおつまみアイディアをご紹介するこのシリーズ。第5弾は、旬の秋鮭を使った、「鮭のエスカベッシュ」をご紹介しましょう。

時間のある時に作り置きもできる一品です。彩も綺麗な、ワクワクする前菜をどうぞ。

 

■材料 2~3人分

  • 生鮭の切り身 150g
  • 玉葱 中1/4個
  • パプリカ赤黄それぞれ 1/2個
  • ピーマン 2個
  • ブラックオリーブ 10粒
  • ケーパー 大さじ1
  • 好みのハーブ この日はチャーピル (パセリやディルも合います)
  • 小麦粉 大さじ1
  • グレープフルーツ(果汁)1/2個分
  • レモン(果汁) 1/2個分
  • 白ワインビネガー(お酢でもOK) 大さじ1
  • 塩 小さじ1
  • 蜂蜜 大さじ1
  • レモン薄切り 適量(ノーワックスの物を)

 

■作り方

(1)グレープフルーツとレモンの絞り汁にビネガー、塩、蜂蜜を加え、マリネ液を作りましょう。太千切りにした玉葱とパプリカ、ケーパーも一緒にマリネ液に混ぜ、バットに入れて待機しておきます。

(2)鮭は好みの大きさに切り分け小麦粉をはたき、多めのオリーブオイルでこんがり揚げ焼きにします。同時にブラックオリーブも転がして炒めておきましょう。熱々のうち(1)のマリネ液に投入します。

(3)野菜が鮭の上に来るように上下をさっくりと混ぜ、あら熱が取れたらラップで表面を密着させ冷蔵庫で寝かせます。

(4)鮭と野菜を盛りブラックオリーブは好みの大きさにカット。好みのハーブとレモンを添えて出来上がり

 

DSC_9371

マリネ液に好みのハーブやスパイスを足してアレンジしてもいいでしょう。クミンで中東風にしてみたり、ディルやバジルで爽やかにしても美味しいですよ。

白ワインにピッタリなこのメニュー、他のメニューやメンバーの嗜好に合わせてアレンジも楽しんでくださいね。

 

(花ヲツマミニ)