ダイソー&セリアでスッキリ!合計1,300円でできる「裁縫グッズ」収納法

 

YURI / PIXTA

裁縫道具って、ついついバラバラになっちゃうものですよね。

家の中でバラバラになっている裁縫用品をスッキリとまとめることができたら、余計だったスペースも空きますし、気持ちもスッキリなります。

そこで今回は、費用も格安で済む「裁縫道具の整理法」をご紹介します。

 

■裁縫に関連する物をまとめると驚くほど片付く!

裁縫や手芸に関する用品は、非常にたくさんあります。

筆者宅にも裁縫セット、布(はぎれ)、ミシン、毛糸(編み物関係)、糸類などがあり、それらをひとまとめにすることが難しいものです。

特に小さい子どもがいる家庭では、さらにまとめるのが難しいのが現実です。

しかし、用途別にまとめてしまえば、部屋が片付き、必要な時に出し入れがしやすくなります。

今回提案したいのは、ミシンを中心にした収納であれば、その重さで子どもが簡単に引っ張り出すことができませんので、安心して片付けられるという利点もあるのです。

 

■ダイソー&セリアなど100均で買える裁縫グッズの整理&収納法

「ミシンを一緒にして収納するなら、大きい収納グッズが必要で、それなりの金額がかかるのでは?」と思われるかもしれません。

しかし、すべてダイソーやセリアなどの100円均で買い揃えられますので、安心してください。

購入する際のポイントは2つ。

・ミシンがしっかり入ること
・収納ボックスで手をケガしないこと

実際に、それぞれのショップで買ったものをご紹介します。

【ダイソーで買ったもの】

  • 収納ボックス(432円・税込)普通サイズのミシンであれば、ダイソーの収納ボックスで十分に入ります。
  • アクリルのコップ2個(216円・税込)
  • 竹製のディッシュスタンド(108円・税込)
  • 園芸テープ(108円・税込)
  • ブックスタンド2個(216円・税込)
  • 糸付きようじ(ケースのみ使用)(108円・税込)

【セリアで買ったもの】

  • ガーランド(108円・税込)

合計で1,296円ほどです。これなら気軽にトライできますよね!

それでは、具体的な収納法をご紹介します。

 

■ミシンなど大型のものから順番に収納するのがポイント!

まずは、ダイソーの収納ボックスに大きい物から入れていきます。

筆者宅の場合は、ミシンと裁縫ケースがいちばん大きい物ですので、その2つを先に収納ボックスに入れました。

余ったスペースには、細かい小物類を入れたり(ここで糸ようじのケースを活用します)、つり下げてものを収納したりできるようにしていきます。

続いてアクリルのコップにミシン用の糸や余った毛糸・かぎ針・リボンなどの細かい飾りを入れます。

園芸テープは、布類をまとめるのに最適です。

布にくっついたり跡を残してしまったりすることがありません。しかも使う時にすっと抜くことができます。

丸めて園芸テープで留めた布をディッシュスタンドに挟めていきます。ここに挟めばどこかにいってしまうことがありません。

ディッシュスタンドは、竹製にするのがポイントです。

これだと、布が引っかかることがありませんので、取り出しやすいのです。

さらにブックスタンドを使って、裁縫ケースなどが倒れてこないように支えることをオススメします。

最後にガーランドを収納ボックスの持ち手に直接結びつけておくと、購入した物をつり下げるのに便利です。

 

■きっちり収納できて、必要な時にすぐに取り出せる!

すべてを収納ボックスに収めると、上の写真のような感じになります。

ざっくりしていますが、どこに何があるか一目でわかります。

収納先は、カラーボックスや棚などがいいでしょう。

子どもが引き出そうとしても、ミシンの重さでなかなか引き出すことが難しいです。見た目もスッキリしていますよね。

 

いかがでしたか。

竹製のディッシュスタンドを使ったり、園芸テープを使ったりと、さまざまなジャンルの物をうまく活用することで、スッキリ収納が格安で実現しました!

いざというときに裁縫グッズが出てこなくていつもイライラ……という方はぜひ試してみてくださいね。